• #キャリアアップ #方法

  • あなたの未来に役立つ!キャリアアップの方法4選!

    将来のキャリアアップについて考えたことはありますか?キャリアアップについてはできるだけ早いうちにしっかり考えておくことをおすすめします。
    というのも、スタート時点でどのようなキャリアアップを目指すかが決まっていれば、どの方向にキャリアを積み上げていけばよいかもわかるからです。

    キャリアアップの方法さえわかっていれば「なりたい自分」になることも難しくありません。
    ここでは基本的なキャリアアップの方法を4つご紹介します。

  • ☆【イメージ調査】あなたが思いつくキャリアアップの方法は?
    まずは、20代と30代のみなさんに、キャリアアップの方法と言われて思いつくものを挙げてもらいました。

    ★キャリアアップのためにやれることは多い
    ・今までの仕事で身につけた知識や技能を活かしつつ、その経歴をさらに高めるために、社内での部署異動や転職活動を行う。(30代/正社員/女性)
    ・資格取得のために学校に通ったり、試験を受けたりして、より専門的な知識や技能を必要としている企業へ転職する方法。(30代/正社員/女性)
    ・いつまでに、どこまでキャリをアップさせるか決めて、逆算して計画を立てる。そしてスキルアップや自分の考え方を変えていくために、たくさんの人と触れあえるよう、生活リズムも変えていく。(20代/派遣社員/男性)
    ・現時点で、キャリアアップができない環境で働いているなら転職して本当に自分がキャリアアップできる職場を探します。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)
    ・自分でスキルを磨くことですね。資格や仕事に関しての勉強や、上司や有能な人と交流を持つことです。(30代/正社員/男性)
    ・仕事に真面目に取り組むのはもちろんのこと、上司にアピールすること。多少失敗しても、上司に気に入られていればその扱いは違う。(20代/会社員/女性)

    【質問】
    キャリアアップと聞いてどのような方法を思い浮かべますか?

    【調査結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【年齢】20 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年05月23日~2017年05月30日
    有効回答数:100サンプル

  • コメントを見てみると、キャリアアップに向けてできることはたくさんあることがわかります。
    スキルを高めたり転職活動をしたりするだけでなく、自分を評価してくれる上司などにアピールすることも必要なようです。

    しかし、いくらできることがたくさんあるからと言っても、すべてを試してみるということは難しそうです。
    やはり、どの方法でキャリアアップをするかを決めて、そのために必要なことにターゲットを絞って行っていったほうが効率的なように思われます。

    それでは、続いて4つのキャリアアップの方法を順にご紹介していきましょう。

  • ☆キャリアアップの方法1.現在の仕事で成果を出す

    キャリアアップが可能な企業に勤めているのであれば、入社以来続けてきた仕事で目に見える成果を上げることがキャリアアップのチャンスになります。
    長期間かけて技を磨くことが最前線で働くための条件となるような仕事の場合、仕事で成果を出せるようにならなければ一人前とは認めてもらえません。

    周りから見てはっきりわかるような成果を上げ、上司からきちんと評価されることが主なキャリアアップの方法になります。
    特に、企業独自の方法で仕事をしている場合、他社ではスキルを活かすことができないため、働いている企業で成果を上げていく以外キャリアアップの方法がない可能性もあります。

    社内にキャリアアップの機会があるかどうかだけでなく、現在の仕事で成果を出すこと以外にもキャリアアップの方法があるかどうかもしっかり見極めましょう。
    他の選択肢があるか無いかによって仕事の取り組み方も違ってきます。

  • ☆キャリアアップの方法2.収入アップを狙って転職

    企業の規模によっては、働いている従業員の人数に見合う役職がないケースもあります。
    その場合はいくらキャリアアップを望んでも、よほど運がよくない限りキャリアは低いまま据え置かれてしまいます。

    そうなると、収入アップも見込めなくなるため、転職することでキャリアアップを実現するのが有効な方法と言えます。
    これまで身に付けたスキルをそのまま活かせる企業に転職すれば、収入アップだけでなく、高い地位に就ける可能性もあります。

    転職先については、入社時の給与だけでなく、5年後10年後にどうなっているかというモデルケースも調べておくと、社内でキャリアアップの可能性があるかどうかもある程度わかります。
    いくらポストはあっても女性は対象ではないという企業の場合、男女の収入に大きな差があるはずです。

    せっかく転職しても将来の昇給や昇進がないのでは不完全なキャリアアップになってしまうため注意しましょう。

  • ☆キャリアアップの方法3.社内異動でできる範囲を増やす!

    社内の部署を異動して職種を変えるという方法もあります。
    例えば一般事務から経理事務や営業事務など、専門性の高い事務スキルを必要とする部署に異動したり、事務職から営業職に変わったりすることでもキャリアアップは可能です。

    異動の全てがキャリアアップに繋がるわけではありませんが、上位職への異動はキャリアアップということができます。
    たとえ、これまでのスキルを活かせない部署に異動したとしても、できる仕事の範囲が増えることにはなるでしょう。

    ですから、社内での異動はキャリアアップの大きなチャンスになることは間違いありません。
    社内で職種を変えることは、転職と比べるとリスクが少ないため、今の仕事よりも他の部署にやりたい仕事がある場合には、異動の希望を出しておくとよいかもしれません。

    異動先の部署で目に見える成果を上げるというキャリアアップの実現の仕方も想定しておくとよいでしょう。

  • ☆キャリアアップの方法4.起業は経歴の向上に!

    身に付けたスキルや仕事上での出会いを活かして独立、起業するという方法もあります。
    組織から独立して事業を行うことで、組織の中にいてはできなかったことができるようになるという点では、他のキャリアアップ方法とは方向性が大きく異なります。

    起業することで立場が経営者側になるため、他の3つの方法よりも責任が重くなります。
    キャリアアップのために企業から独立するのであれば、どこまでスキルアップ、キャリアアップした時点で独立するかという点も重要なポイントです。

    ひとりでやっていけるだけの十分なスキルやキャリアについて自信がある場合でなければなかなかうまくいきません。
    また、起業に向く仕事と向かない仕事もあります。

    それでも、経営を続けられた場合は、キャリアアップになるだけでなく、業務遂行能力が高いことの証明にもなります。

  • ☆まとめ

    今回ご紹介した4つの方法が主なキャリアアップの方法です。
    どのような方法でキャリアアップを図るかは、仕事に慣れてから少しずつ考えようと思いがちですが、それでは将来どのキャリアアップも選べなくなる可能性があります。

    社会に出てからキャリアアップに悩む前に、早くからキャリアプランを練っておきましょう。
    キャリアプランを立ててから就職先を探したほうが、自分のキャリアプランに合った企業を探しやすくなります。