• #キャリアアップ #女性

  • キャリアアップしたい女性に!未来を見据えると今すべきことが見えてくる!

    働く女性にはキャリアアップに悩んでいる人も少なくありません。なぜなら、女性の働き方はライフイベントの影響を大きく受けるからです。
    結婚、妊娠、出産などのライフイベントをどのタイミングに置くかによって、キャリアアップの方向性も変わってきます。
    女性がキャリアアップを考えるためには、将来どのような生き方をするかも併せて考えなくてはなりません。
    そこで、女性のキャリアアップを成功に導くポイントについて解説します。

  • ☆キャリアアップを目指す女性はどれくらい?
    まずは、働く女性のみなさんにとってキャリアアップはどれくらい重要なことなのかアンケートを取ってみました。

    【質問】
    キャリアアップについて真剣に考えたことはありますか?

    【回答数】
    はい:67
    いいえ:33

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年05月23日~2017年05月30日
    有効回答数:100サンプル

  • ★3人に2人はキャリアアップを考えたことがある

    今回のアンケートでは、全体の3分の2がキャリアアップを真剣に考えたことがあると答えました。

    ・30前後の時に報酬と年齢に見合った仕事がしたいと思って真剣に考えました。実際により技術的なことができる職場に転職しました。(30代/派遣社員/女性)
    ・実際に国家資格取得のため、通学して勉強している。(30代/パート・アルバイト/女性)
    ・現在の職場では、年齢給による昇給がないので、給与をあげようと思ったら、昇格するしかないから。(20代/正社員/女性)

    キャリアアップを考えたことがあると答えた人のコメントを見ると、どのコメントからも現状に満足していない様子がうかがえます。
    キャリアアップを目指すことで現状を変え、少しでも納得できる状況にしようとしているように感じられました。

    一方、キャリアアップを考えたことがないと答えた人のコメントは次の通りです。

    ・今の職場ではキャリアアップは望めないが、転職して成功する絵も描けない。(30代/正社員/女性)
    ・一生独身であるのならばキャリアアップして上まで進もうと考えますが、女性は結婚・出産があるので、その中でキャリアアップは難しいと考えたため。(20代/正社員/女性)
    ・キャリアアップにはあまり興味はない。どちらかというとキャリアアップよりもプライベートを充実させることについて考えることが多い。(20代/派遣社員/女性)

    こちらの選択肢を選んだ人のコメントからも、現状に満足をしていない様子がうかがえました。
    しかし、受け止め方がキャリアアップを考えたことがある人と違っているようです。

    あきらめが大きく、現状を変えるよりも他に目を向けたいと考えている人が多いように感じられました。

    女性がキャリアアップを成功させるためには、自ら望み、計画的に動かなければならないようです。
    では、キャリアアップに必要なキャリアプランの立て方を見ていきましょう。

  • ☆キャリアプランこそキャリアアップに大切!

    キャリアアップを実現するためには、自分が将来どうなりたいのかを想像することから始める必要があります。
    未来の自分の姿が見えてこれば、今の自分がすべきことが見えてくるからです。

    例えば、20年後にキャリアアップのゴールを据えた場合、今必要なキャリアや5年後、10年後に必要になってくるキャリアが具体的な形で見えてきます。
    行き当たりばったりで無計画に走り出したのでは、途中で必ず経験しておかなければならないことを漏らしてしまうかもしれません。

    キャリアアップはゴールを決めただけで突き進んだのではうまくいきません。
    ゴールを目指して確実に一歩一歩進んでいくためには、ゴールまでの間にいくつかチェックポイントを設けて、そこに向けて進んでいくことが大事です。

    短いスパンで区切っていけば、多少のずれができても修正が効きます。
    また、思い描いていた未来と違う形になっても、そこまでの努力を無駄にせず方向修正することが可能になります。

    キャリアプランを立てることは、キャリアアップだけでなく、自分の将来のライフプランを考えるうえでも大切な作業になります。

  • ☆結婚・出産・育児の壁との向き合い方

    女性がキャリアアップを目指すべきか悩むのは、近い将来訪れるかもしれない結婚・妊娠・出産・育児などのライフイベントがどのように仕事に影響するかわからないためです。
    女性の働き方はライフイベントによって大きく影響を受けるのが普通です。

    しかし、その影響の受け方は、自分がどのような立場で仕事をしているかによって及ぶ範囲が違ってきます。
    また、女性が多くの家事を負担している現状では、女性がキャリアを活かした働き方をしようとすると、周りにも少なからず影響が及びます。

    ですから、結婚後の働き方を考えるうえでは、職場にはどれくらいまで協力を求められるか、夫にはどのくらい協力を求めるかなどを事前に考えておく必要があります。
    それと同時に、出産や育児で一時的に休んでも元通りの仕事をするためには、どのようなキャリアを積んでおかなければならないかも考えておく必要があります。

    その際には、妊娠や出産、子育てで受けられるサポートについても調べておくとよいでしょう。
    早い段階で出産後の働き方までしっかり考えておけば、キャリアアップへの取り組み方はもちろん、女性が働きやすい職場の条件なども見えてきます。

  • ☆キャリアアップに成功する女性の共通点とは?

    キャリアアップを成功させられる女性にはいくつか共通点があります。
    その中でも特に重要なのが他人と上手に関わる能力です。

    キャリアを積むというとただひとりでがむしゃらに頑張っている様子を思い浮かべるかもしれません。
    しかし、それだけでは社会人として仕事をするうえでは不十分です。

    どんなに個人の能力の高さが求められる仕事であっても、総合的に見ると、自分以外の誰かが必ず関わっています。
    キャリアアップしていけばなおさら自分の仕事に関わる人が増えてきます。

    ですから、会社のような組織の中では、周りの人と上手に関わり、周りの人の力もうまく引き出して活かせるような人が成功します。
    そのためには高いコミュニケーション能力が必要なわけですが、ただ口数が多くおしゃべり好きなだけではキャリアアップに繋がりません。

    キャリアを積んでいくと、人の上に立って仕事をする機会も増えますから、誰に対しても公平、公正な態度を取れることや、感情的にならないことなどが大事です。
    ですから、キャリアアップを目指すのであれば、資格など机の上での勉強だけに専念するのではなく、周りの人とのコミュニケーションも取りながら人としての魅力も高めていくように努力しましょう。

  • ☆まとめ

    女性がキャリアアップするためには、長期的な計画が必要です。
    周りの人が敷いてくれたレールの上を進むだけでは、途中で進めなくなったり、降りざるを得なくなったりしてしまいます。

    自分で将来を見据えた道筋を作っておけば、途中でどのようなキャリアが必要になるかもわかり、多少ずれが生じていても、先の選択肢が見えている分だけ迷わずに済みます。
    ですから、これから就職先を考える学生時代から、キャリアアップについてもしっかり計画を立てておきましょう。