• #キャリアアップ #スキルアップ

  • キャリアアップとスキルアップの違いとは?キャリアアップに欠かせないたった1つの真実!

    女性が仕事を探す際には、将来キャリアアップできる仕事かどうかという点にも注目する必要があります。長く続けていてもスキルアップできてもキャリアアップできない仕事があるからです。

    キャリアアップとスキルアップを混同している人が少なくないため、最初に職業を選択する時点でその違いを知っているかどうかは大きな差になります。

    ここではキャリアアップとスキルアップの違いや、それぞれを高める仕事の探し方について解説します。

  • ☆みんなは知ってる?キャリアアップとスキルアップの違いを聞いてみた!
    まずは、男女を含めてどれくらいの人がキャリアアップとスキルアップの違いを理解しているか調べてみました。

    【質問】
    キャリアアップとスキルアップの違いを知っていますか?

    【回答数】
    知っている:69
    知らない:31

    調査地域:全国
    調査対象:年齢不問・男女
    調査期間:2017年05月23日~2017年05月30日
    有効回答数:100サンプル

  • ★知っている人は約7割
    今回のアンケートでは全体の約7割は違いを知っていると答えました。

    ・キャリアは地位や管理職を表しているが、スキルアップは立場に関係なくできる。(20代/パート・アルバイト/女性)
    ・キャリアは肩書きや昇進が含まれます。スキルは能力です。(40代/個人事業主・フリーランス /女性)
    ・スキルアップは個別の技能の習得向上を目指すもので、キャリアアップに向けた一つの手段だと認識しています。(40代/正社員/男性)

    知っていると答えた人のコメントからは、キャリアとスキルという言葉の違いを意識している様子がうかがえます。必ずしも正確に理解しているわけではありませんでしたが、それぞれの言葉に違う意味があるということだけは押さえているようでした。一方、知らなかったと答えた人のコメントは次の通りです。

    ・なんとなくわかるような気がするが、説明はできない感じ。役職が上がることと資格等増えることの違い?(40代/専業主婦(主夫)/女性)
    ・どちらも仕事をするうえで大事だと思うが、深くは考えたことがなかった。(20代/学生/女性)
    ・どちらも似たような意味だと思っていました。(30代/専業主婦・主夫/女性)

    知らなかったと答えた人の中には、詳しく説明できないだけという人も含まれていましたが、同じ意味に捉えている人も少なくないことがうかがえました。


    今回のアンケートでは知らないと答えた人のほうが少ないという結果でしたが、実は、知らないと答えた人のほとんどが女性です。知っていると答えた方には多くの男性が含まれていることから、キャリアに関心があるかどうかも結果に影響しているように感じられました。

    では、ここからはキャリアアップとスキルアップの違いについて具体的に見ていきましょう。

  • ☆キャリアアップとスキルアップの違い

    キャリアアップとスキルアップの違いは何をアップするのかという点をよく考えればはっきりします。キャリアとは職務経歴や経験という意味ですから、キャリアアップに必要なことは、業務遂行能力や経歴を高めたり、より高い地位や高給職を求めて転職したりすることです。


    ですから、昇進・昇格だけでなく、業務内容のステップアップや派遣から正社員への雇用形態の変更などもキャリアアップと考えることができます。一方、スキルとは、訓練によって身に付けられる能力や資格などのことを言います。

    ですから、仕事を行ううえで必要な技術や技能を習得してレベルアップすることを言います。一般的に、同じ仕事を長年続けていれば何らかの技能は身についていくため、どんな仕事でもスキルアップは可能と言えます。

    しかし、キャリアアップは市場価値の高い経歴を積み上げていくことですから、単に長く勤めれば向上できるというものではありません。

  • ☆キャリアアップするための仕事の見つけ方

    キャリアアップの方法には、大きく分けて2つの方法があります。ひとつはできることを増やしていく「広げるキャリアアップ」、もうひとつは特定のスキルレベルを高めていく「深めるキャリアアップ」です。

    必要なスキルの種類やスキルの身に付け方が異なるため、最初に自分はどちらの型のキャリアアップを目指すのかを決めておくことが大事です。どのようなキャリアアップを目指すかがきちんと決まれば、身に付けるべきスキルもはっきりします。

    また、もしも転職によってキャリアアップを図っていくのであれば、同業種の中から好待遇の仕事を探すということが基本です。まったく別の業種に転職したのでは、できることが増えてもキャリアアップになりません。

    最低限必要なスキルを身に付けたうえで、どのようなスキルを伸ばすとキャリアアップに繋がるのかを考えて探すと、キャリアアップ可能な仕事を見つけられます。

  • ☆スキルアップするための仕事の見つけ方

    スキルアップすることをメインに仕事を探すのであれば、収入がよいことよりも、働くことによってどんなスキルが身に付くのか、どれだけのスキルを身に付けられるのかといった点を重視して探すようにしましょう。どんなスキルを身に付けたいのか、どのようにスキルアップしていくのかを具体的にイメージして探すことが大事です。

    働きながらスキルアップを目指すのであれば、人材教育や資格支援に力を入れている企業を重点的に探すようにすることがポイントになります。スキルを身に付けるのに適した支援をしてくれる企業であれば、身に付けたスキルもきちんと評価してくれるはずです。

    せっかくスキルアップしても、それが評価されない環境では意味がありません。スキルアップを重視して仕事を探すのであれば、身に付けたスキルを企業がどのように評価するかという点までしっかり考えたうえで仕事を探すようにしましょう。


  • ☆キャリアもスキルも大事!どちらも高める必要性あり!

    キャリアアップとスキルアップは意味の違う別の言葉だと先に述べました。しかし、これら2つの言葉は全く無関係なのかというとそうではありません。

    実はとても密接に関わっています。キャリアは経験、スキルは能力ですから、どちらも仕事をしていくうえで向上させる必要があるものです。しかも、どちらか一方だけでは成り立ちません。
    例えば、キャリアアップは一定以上のスキルを持っていることが前提で可能になります。スキルがない人が経歴を積もうと思っても無理があるからです。

    一方、持ち前のスキルが高い人やスキルアップのために資格を取得した人でも、そのスキルを活かすだけの経験や実務能力がなければ誰にも認めてもらえません。つまり、キャリアアップのためにはスキルアップが必要であり、高めたスキルを活かすためにはある程度のキャリアが必要なのです。

  • ☆まとめ
    これから仕事を探す学生にとって、キャリアアップなど先のことだと感じられるかもしれません。しかし、キャリアアップは最初にどのような形で狙うかを決めておかないと実現が難しくなります。

    キャリアアップを狙った働き方は数多くありますから、学生のうちからキャリアプランを練っておくようにしましょう。きちんとキャリアプランを練ることにより、必要なスキルをどのように身に付けてキャリアアップしていくべきかが見えてきます。