• #キャリアビジョン #キャリアプラン #違い

  • キャリアビジョンとキャリアプランの違いがわかるコラム!

    キャリアビジョンとキャリアプランの違いについて知っていますか?
    似たようなもの、あるいは同じものとして解説されていることも多いですが、正確な意味合いや役割は大きく異なります。

    名称が似ているため、違いを明確に知っている人はそう多くないかもしれません。
    キャリアビジョンとキャリアプランはそれぞれどんな特徴を持っているものなのか、それぞれに違いはあるのか、そして2つの関係性は何なのかについて解説していきましょう。

  • ☆キャリアビジョンは願望に近いもの

    キャリアビジョンはあくまでも将来のビジョンについてのことなので、自分自身が思い描く理想像ということになります。

    自分の将来像を始め、想いや願いがビジョンの基準とすべき項目です。
    ほかには、譲れない価値観というのもキャリアビジョンを考えるうえで重要なポイントとなります。

    自分の理想や願望について明確な何かを持っているのであれば、キャリアビジョンも浮かびやすいものですが、これから先どうしたらいいのかわからなくて悩んでいる場合にはそれなりのコツがあります。

    将来的な理想や願望をはっきりとさせるために、自分自身を見つめ直すのが一番の近道ではありますが、実際に書き出してみるのが効果的です。
    これまでの人生がどのようなものだったのか、現在の生き方はどうなっているのか、そして将来はどんな人生を歩んでいきたいのかを書き出していきましょう。

    キャリアビジョンは基本的に中長期的なものを指す場合が多いですが、将来の人生に対しての願望が浮かびにくい場合は、近い将来について考えてみることをおすすめします。
    それでもどうしても浮かばない場合には、小さな願望から考えてみるのもいいでしょう。

  • ☆キャリアプランは現実的な目標

    キャリアプランは確かにキャリアビジョンと似てはいますが、キャリアビジョンよりも現実的なものになります。
    プランという名前にもある通り、理想よりいうよりは計画を立てるものとして捉えたほうがいいでしょう。

    キャリアビジョンで思い描いた理想に対しての現実とのギャップを埋めるためのものです。
    書き方自体はビジョンと同様になりますが、キャリアプランの場合は具体的な数字を入れるのが特徴です。

    「1年後までに特定のビジネスノウハウを習得する」「3年後までに〇〇のプロジェクトチームを発足する」といった例が挙げられるでしょう。

    プランの場合、まずは大目標を設定することが先決です。
    ビジョンよりも明確かつ具体的な計画を立てるために、ゴールをきちんと定めておく必要があります。

    大きな目標の設定ができたあとは、中期や短期の小目標も決めていきましょう。
    大きな目標を達成するために必要となることを中期や短期の目標に設定することで、最終的に目指すべきことがブレてしまう事態を避けられます。

    目標を立てたあとは、それを達成できるように具体的な戦略も合わせて立ててみてください。
    細分化した具体的な目標をきちんと定めておけば、キャリアプランとしての価値はそれだけ高まります。

  • ☆キャリアビジョンとキャリアプランを説明できる人はどれくらい?

    キャリアビジョンとキャリアプランを似ているものだと思ったり、同じものだと誤解したりする人は多いと考えられますが、実際のところどれくらいの人が違いを明確に説明できるものなのでしょうか?

    2つの違いについて理解しているかどうかに関するアンケート調査を実施してみました。


    【質問】
    キャリアビジョンとキャリアプランの意味の違いについて知っていますか?

    【回答結果】
    知らない : 75
    知っている : 25

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年08月08日~2017年08月15日
    有効回答数:100サンプル

    ☆☆違いを知らない人が多数!混同してしまうもの?
    調査の結果、100人中75人がキャリアビジョンとキャリアプランの違いを知らないと答えていました。
    知っていると答えたのは残りの25人のみです。


    ・どちらも同じような意味に感じてしまう。(30代/女性/パート・アルバイト)
    ・キャリアプランと言う単語はよく使うがキャリアビジョンは初耳です。(30代/女性/正社員)
    ・キャリアビジョンよりキャリアプランの方が具体的な感じがするが詳しくは知らない。(20代/女性/正社員)

    知らないと答えた大体の人はどちらも同じようなものだと捉えていることがうかがえました。
    キャリアプランだけを知っているという回答もありましたし、どちらかしか知らないケースもあると考えられます。

    言葉からなんとなくイメージはできたとしても、明確に説明をするのは難しいようです。


    ・キャリアビジョンは、理想であり目的であるが、キャリアプランはビジョンを具体的にどのようにかなえるのかを明確にした計画である。(20代/女性/パート・アルバイト)
    ・雰囲気で感じた勘ですが、ビジョンは未来予想図のような夢で、プランは現実的な計画だと思います。どちらも変わりやすそうですが、プランの方がまだ堅実そうな感じがします。(20代/女性/パート・アルバイト)


    知っていると答えた人の多くははっきりとその違いを説明できていました。
    しかし、どれくらい詳しく把握できているのかは人によって異なると言えそうです。


    結果を見ると、やはり多くの人がキャリアビジョンとキャリアプランの違いをきちんと説明するのは難しいと考えていることがはっきりとしましたね。
    2つの意味や役割をきちんと勉強しておかないと区別するのは困難なのかもしれません。

  • ☆実際に大きな違いはない!連動して考えよう!
    キャリアビジョンは将来の理想像、キャリアプランは現実的な目標や計画であることは前述しましたし、確かに違うものではありますが、将来のキャリアについて考えるという面では共通しています。
    この2つは就活の場面で連動して考えたほうが効率的です。
    キャリアビジョンとキャリアプランのどちらかだけについて深く考えればいいというものではないので、両方ともきちんと具体的な内容を文章としてまとめておいたほうがいいでしょう。

    面接では人事からキャリアビジョンについて聞かれるケースは多いですが、そのときには単に理想や願望だけではなく「実現させるためには何をすべきだと思いますか?」といった質問も同時にされるものです。
    このときに、はっきりとしたキャリアプランの内容も考えていたなら、スムーズかつ明確に質問の答えを出すことができるのは間違いありません。

    実際のキャリアビジョンとキャリアプランの練り方ですが、ビジョンのほうを基準とするのがコツです。
    どんな理想や願望があるのかをはっきりとさせ、それに必要な計画としてプランの内容を考えていきましょう。

  • ☆まとめ

    キャリアプランとキャリアビジョンの両方を活用して自分の将来や面接に役立てていくために大切なのは、描き方がポイントです。
    まずは大きな目標として具体的なビジョンを思い描き、その目標を達成させるための詳しいプランを練っていきましょう。

    明確かつ具体的であればあるほど、目標の達成もしやすいですし、人事からの質問にも的確に答えられるものです。
    特に、詳細なプランがあれば、採用も勝ち取りやすくなりますから、面接に備えて事前にきちんと考えておくことをおすすめします。