• #仕事 #選び方

  • 仕事の選び方マニュアル!わからないときの対策方法と選び方の基準

    後悔のない仕事選びをするためには、選び方のコツについておさえておく必要があります。
    どんな基準で選んでいけばいいのか、新卒の場合や女性の場合はどんな風に選ぶべきかについて事前にわかっておけば、迷うことなく的確に企業を選び出すことも可能です。

    仕事選びで成功して、充実した職場でのやりがいのある生活を手に入れるためにも、選び方の対策について考えていきましょう。
    選び方が全くわからないという場合にも役立ててみてください。

  • ☆仕事を選ぶ際、何を見て自分に合っていると判断する?

    仕事を選ぶとき、自分に合っていると判断するにはどんなことを基準にすべきなのでしょうか?実際に働いている人は何を基準にしたのか気になるところですよね。

    そこで、自分に合う仕事を選ぶときに定めた基準についてアンケートを取ってみました。


    ☆☆自分の適性や得意分野を活かすのが基本?
    ・人の名前と顔を覚えること、笑顔をつくることが得意だったので、接客が向いていると思った。(30代/女性/個人事業主・フリーランス)
    ・人と会って話す事が好きなので営業があうのではないかと思った。(30代/女性/派遣社員)
    ・自分の能力にあっているか、こなすことができるのか。楽しくやっていけるのか。(30代/女性/パート・アルバイト)
    ・自分が希望する仕事内容かどうかを見て判断しました。(20代/女性/正社員)
    ・職業診断のようなテストを学校で回答して、適合する職業として参考になる分野など返却された診断シートがあったので、それを参考にした。且つ、自分の得意分野なども取り入れながら選びました。(30代/女性/個人事業主・フリーランス)

    【質問】
    仕事を選ぶ際、何を見て自分に合っていると判断しましたか?理由も含めて具体的に教えてください。


    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年08月08日~2017年08月15日
    有効回答数:100サンプル

    アンケートの結果、顔面を覚えることや人と話すことなどが好きだからといった具合に、自分の得意なことを基準とするケースが多いようですね。
    適性を考えるなら、特技やスキルを活かせるような仕事がベストだと感じるものなのかもしれません。

    楽しくできる仕事かどうか、希望の仕事内容かどうかなどを基準にするケースもあることがうかがえます。
    また、職業診断テストを元に得意分野を取り入れたという回答もありました。

    適性テストを受ける機会があるのなら、それを基準にしてみるのもいい方法と言えるかもしれません。

  • ☆仕事の選び方がわからない!やりたいことがない人の対策

    適切な仕事を見つけたくても、そもそも上手な仕事の選び方がわからないから困っているという人は居るものです。
    下手をすれば自分がどんな仕事に就きたいのか、やりたいことが何なのかも全くわからないという人もいます。

    どんなことにも強い興味や関心が持てなくて悩むこともあれば、情報が多過ぎてどうすべきか絞り込めないという人もいるので、人によって悩みはさまざまです。
    しかし、わからない場合でも工夫した仕事の選び方を意識しさえすれば、十分に対策はできます。

    まず効果的なのは、やりたくないことを考えてみることです。
    やりたいことはなかなかわからなかったとしても、やりたくないことやどうしても興味の持てないこと、嫌いなことは案外簡単に判断できます。

    数ある仕事のなかから、消去法で残ったのがやりたい仕事、あるいはやってもいい仕事というわけです。
    どうしても絞り込めなくて困っている場合には活用してみるといいでしょう。

    ほかにも、働いてもいい基準を設けてみるのも効果的です。
    自分はどんな仕事がやりたいかわからないということは、仕事に対するこだわりがないという考え方もできます。

    妥協できる点とできない点を明確にし、その条件に当てはまるような仕事を選んでみてください。
    それでもやはり上手く見つからないということなら、給料がいくらもらえるのかを基準にしてみるのも立派な手段です。

    働き続けるためには、給与さえよければ何でもいいという考え方は避けるべきですが、もし好条件と感じられる要素が多いのなら、働いてみる価値は大きいと言えるでしょう。

  • ☆仕事の選び方には基準がある!就活対策に役立つポイント

    仕事の選び方は人それぞれだとも言えますが、就活を成功させたいのであれば、おさえておくべきポイントはいくつかあります。
    後悔のない職場選びをし、長く安定して働き続けられるようにするためにも、選び方のコツは知っておいたほうがいいでしょう。

    いずれも基本的なことになりますが、主な基準となるのは4つのポイントになります。

    1つ目はやりたい仕事かどうか、2つ目は社会貢献度が高いか、3つ目は成長の機会は得られるか、最後に4つ目は待遇面に満足できるかです。

    やりたい仕事かどうかというのは基本中の基本ではありますが、忘れてはならない大切なポイントと言えます。
    やりがいがモチベーションに直結する問題ですから、もしやりたくない仕事を選んでしまうと意欲的になれず、すぐに辞めたくなってしまうでしょう。

    逆にやりがいがあれば、仕事をこなしていて楽しいと感じられるものですし、向上心を持って努力し続けられます。
    4つ目の待遇面に関しても、モチベーションに関わってくる部分だと言えるでしょう。

    給料がよかったり、ボーナスがたくさんあったりすれば、それだけがんばろうと思えるものです。

    同時に生活も豊かになるので心にゆとりも持てるでしょう。

    2つ目の社会貢献度は人によって異なるかもしれませんが、商品やサービスがどんなところで役立っているのかがはっきりとわかれば、それだけやりがいも生まれやすくなります。

    3つ目の成長の機会は、どちらかというと自分自身のために必要なことです。
    将来のためにスキルアップができる環境かどうか、そして出世しやすい環境かどうかをチェックしておきましょう。

    このように、いずれも仕事の選び方で大切な基準となる部分ですから、すべてのポイントを押さえつつ選ぶことをおすすめします。

  • ☆新卒だからこそ慎重に!就活生の仕事の選び方を紹介!

    新卒採用を狙う就活生は初めての就職ということになるわけですから、慎重に行動を起こす必要があります。
    安易な気持ちで就職先を決めてしまうと、もし無事に就職できたとしても、後から不満が勃発して結局すぐに辞めてしまうという事態になりかねません。

    初めての就職こそ成功させて長く働き続けることが大切です。
    転職が害悪というわけでは決してありませんが、新卒採用された職場をすぐに辞めてしまうとキャリアに傷がつくおそれがありますし、次の職場を決めるための活動にも支障が出てしまう可能性があるので注意しなければなりません。

    そういった意味でも、仕事の選び方のポイントをおさえながら、慎重に決めるべきだと言えるでしょう。

    まず、就活生が新卒採用で失敗しないために考えるべきことがあります。
    基本的な部分ではありますが、仕事内容が魅力的かどうか、社風に惹かれるかどうか、給与や福利厚生の待遇面がいいかどうか、そして社会貢献度が高いかどうかです。

    最初の段階では、これら4つの選び方の条件を満たせているかを見て判断してみるといいでしょう。

    さらに、自分自身が思い描いている将来のビジョンと企業先の方向性が合致しているかというのも重要になります。
    たとえば、最終的に看護師になりたい場合は、当然ながら病院、あるいはその仕事に携われるような医療機関に勤めるべきです。

    それにも関わらず、飲食店の店長として働き始めるといった場合は、方向性が全く合っていないということになります。
    とても極端な例ではありますが、このような失敗をしないように同じ方向性の仕事選びを心がけていきましょう。

  • ☆女性だから重視すべきことがある!仕事の選び方のコツ

    女性も男性も後悔しないようなやりがいのある仕事を選ぶのが重要ではあります。
    しかし、女性だからこそ重視しなければならない仕事の選び方もあるので、ポイントをきちんとおさえさえておいてください。

    何よりも優先しなければならないのは、女性が働きやすい恵まれた職場環境であるかどうかです。
    女性は結婚や出産といった重要なライフイベントがありますし、個人差はあるものの、毎月の深刻な生理痛にも悩まされる人は少なくありません。

    そういったイベントやトラブルがあったとき、女性への配慮が十分にある会社なら対策も練ってくれていますが、理解のない会社だとスムーズには休めないものです。

    一切配慮してもらえないと肩身の狭い想いをしたり、辞めなければならなくなってしまったりといった事態になってしまいます。
    そんなことにならないようにするためにも、女性が働きやすい職場選びが必要不可欠だと言えるでしょう。

    具体的な選び方の条件を挙げると、勤務時間の長さがあります。
    子供を幼稚園や保育園へと迎えに行くために早上がりができるかどうかというのは、子持ちの女性にとって非常に重要です。

    同時に、勤務時間が短かったとしても十分な給与を得られるのかどうかというのも見るべき項目になります。
    ほかにも、女性が働きやすい職場かどうかを判断する指標としては、男女比のバランスが取れているか、女性の管理職は一定数いるかなどが挙げられるでしょう。

    このように、働きやすさを考えるうえで着目すべきポイントは多数ありますから、一つひとつおさえながら最適な職場選びをしましょう。

  • ☆選び方のポイントを網羅!ベストな仕事選びを

    仕事の選び方のポイントは多数ありますが、いずれも欠かせない重要なポイントです。
    これから安定して働き続けるため、そして充実感を得ながら職場で仕事をこなしていくためにも必要なポイントをおさえながら、自分にとってベストだと思う仕事選びを心がけることをおすすめします。

    本当に最適な仕事の選び方を詳しく知り、満足のできる就職を目指していきましょう。