• #会社 #説明会

  • 会社説明会から就活をスタート!有益な情報収集をしよう

    就活は会社説明会への参加から始める人が多いでしょう。
    それだけ会社の情報を集めるのに会社説明会は便利なものです。

    しかし、会社説明会の時間は限られています。
    参加者が大勢いるため、自分が質問できる時間もそれほど多くありません。

    ですから、上手に活用する必要があります。
    そこで、この記事では会社説明会に参加するメリットや参加するためのマナー、持ち物、質問する際のポイントなどを網羅して解説します。

  • ☆会社説明会って参加した方がいい?メリットは?

    会社説明会は、会社の担当者が自社の考え方や事業内容について説明してくれる場です。
    関心のある会社の説明会はできるだけ参加するようにしましょう。

    会社説明会には合同説明会と会社が単独で行う企業説明会の2つがあります。
    どちらにもメリットがありますから、自分に合う方を選んで参加しましょう。

    合同説明会は1日で複数の企業の話を聞ける点がメリットです。
    同じ業界の複数の会社が集まるケースと、さまざまな業界の企業を一度に見られるケースがあります。

    まだどんな業界や企業が自分に向いているかがわからない段階であれば、様々な企業から得た情報をもとに自分の方向性を定めるのに活かすことができます。
    一方、企業説明会の方は、多くの場合本社などが会場になります。

    実際の職場の雰囲気を肌で感じながら話をじっくり聞ける点が大きなメリットです。
    会社説明会に参加する際はできるだけ下調べをしていくようにしましょう。

    そうすれば、パンフレットやホームページなどには記載されていないような、生きた情報も手に入れられます。

  • ☆会社説明会に参加して良かった!皆さんのエピソードを紹介
    ではここで、就職活動経験のある皆さんに、会社説明会に参加して良かったと感じたことをお聞きしてみましょう。


    ☆☆会社説明会は人との出会いが魅力
    ・会社説明会に参加すると実際にその企業で働いている社員から直接お話しが聞けるため、文面では伝わりきらない企業の社風や、仕事の細かいやりがい等をより感じられます。参加後、その企業のイメージがより鮮明になるので役立ちました。(30代/正社員/女性)
    ・とある会社の説明会で、人事の方が色々な会社の内部を見られるのは就活をしている今の時期だけだから、自分の行きたい会社はもちろん、できるだけたくさんの会社を見ると良いとおっしゃっていた。その言葉を聞けただけで会社説明会に参加することの意味や就活をすることに対してのモチベーションが上がり良かった。(30代/パート・アルバイト/女性)
    ・説明を受けることでホームページなどからではわからない社風なども改めて知ることができ、とても良かったと思います。実際に働いている人の話が聞けたことはもちろんですが、同じ会社の就職希望の人たちの雰囲気も掴めました。実際に新しい友達ができたことによって就職の情報を共有することができるようになりました。(30代/パート・アルバイト/女性)
    ・直接社員の方とお話しできる機会なので、就活する上での不安なことを解消するためにたくさん質問できる点が良かったと思う。企業によっては関連した商品をお土産にくれるところもあるので、実際にそれを自分で使ってみたりして就活の参考にすることが出来るというのも良かった。(20代/学生/女性)
    ・私が行った時はたまたま参加者が少なく、後に面接に行った際に私の顔を覚えていて下さって声を掛けてくれました。中々そんな機会はないので嬉しかったです。(30代/パート・アルバイト/女性)
    ・集団説明会・ブース型だった為、いろいろな会社の方と話すことが出来たのが良かったです。
    名前も聞いたことのない小さな会社でも、自分のしたいことが出来るかを直接確認する事が出来ます。(20代/正社員/女性)

    【質問】
    会社説明会に参加して良かった!と感じたエピソードを教えて下さい。


    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39
    調査期間:2017年12月18日~2017年12月25日
    有効回答数:100サンプル

    今回のアンケートでは、会社説明会に参加したことで、実際に働いている人の話を直接聞け、文面ではわからない情報を知ることができたという声が多く聞かれました。
    また、採用担当者が説明会に参加したことを覚えていてくれたという声も多く、会社説明会のときの印象がいかに大切かということもうかがえました。
    会社の採用担当者だけでなく、説明会で出会った同じ立場の就活生と情報を交換できたことが良かったという意見も見られます。
    会社説明会は利用の仕方次第で、就活に大きく役立つことがわかりました。

    では引き続き、会社説明会について知っておくべきことを詳しく見ていきましょう。

  • ☆準備が肝心!会社説明会に参加する前にしておくべきことは?

    会社説明会で必要な情報を手に入れるためには、事前の準備が大事です。
    ただ話を聞きに行くだけでは、一般に公開されているような情報だけしか手に入れることができません。

    パンフレットに書かれている内容や、ホームページに書かれている内容などは漏らさず調べていくようにしましょう。
    しっかり読み込んだうえで、疑問に思う点を質問することで、新しい情報を手に入れることができます。

    次に、会社説明会は時間厳守です。
    日程の確認も早めにするようにしましょう。

    直近になって確認したのでは、記憶違いで終わってしまっていたということもあり得ます。
    前の月に翌月の予定を確認し、前の週に次の週の予定を確認するなど、定期的に確認する習慣をつけるといいでしょう。

    持ち物や服装の準備もあまりギリギリになって行うと間に合わなくなります。
    持ち物は事前にチェックリストを作っておき、前日までには準備を済ますことが大事です。

    服装は会社によって指定が異なることがあります。
    こちらも早めに確認し慌てて買いに行くことがないようにしましょう。

  • ☆忘れ物にご用心!会社説明会に欠かせない持ち物は何?

    会社説明会には必要な持ち物があります。
    中でも最低限必要な持ち物は筆記用具とメモ帳です。

    筆記用具は、ボールペンとシャープペンシルと消しゴムの3点は少なくとも持って行くようにしましょう。
    書類の記入にもマークシートの記入にも対応できます。

    さらに、書類を織らずに持ち運ぶためのクリアファイルも持っていきましょう。
    カバンの中に何枚か入れておくようにすると、会社別、日時別に整理することもできます。

    履歴書は指定がなくても持っていくことをお勧めします。
    その場でエントリーシートを書かなければならないときでも、内容を確認できるので困らずに済みます。

    また、会社説明会の会場に確実に着けるように、会場までの地図やスマートフォンも持って行くようにします。
    しかし、スマートフォンは会場内に入ったら電源を切るのを忘れないようにしましょう。
    最後に、印鑑と学生証です。

    印鑑は履歴書に必要なだけでなく、交通費が出る場合に捺印を求められることがあるからです。
    学生証は身分証明書ですから必ず持って行くようにしましょう。

  • ☆身だしなみに要注意!会社訪問にふさわしい服装とは?

    会社説明会は服装に困るという声が聞かれます。
    しかし、就活の一環ですから、基本的にはダークスーツがふさわしいといえます。

    合同説明会のときは油断しがちですが、直接企業の採用担当者と話をする機会もあります。
    案外会社説明会で出会ったことを覚えている担当者も多いようですから、マナー違反や悪い印象を持たれてしまうような服装には気をつけましょう。

    しかし、どんな服装をすればよいか迷ってしまうのが私服を指定された場合です。
    求められているのはオフィスカジュアルのため、リクルートスーツは避けましょう。

    また、いくら普段の私服がTシャツにジーパンというスタイルでも、そのままの格好で行ってはいけません。
    襟付きのシャツやブラウスにジャケットを着用、スカートに足元はパンプスというスタイルがおすすめです。

    ビジネス向きのパンツであれば、スカートでなくてもかまいません。
    スカートの場合は座ったときのことを考えて丈を選びましょう。

    メイクはオフィスにふさわしいナチュラルな色を選び、長い髪は束ねてスッキリとさせると清潔感をアピールできます。

  • ☆第一印象が大切!会社説明会で守るべきマナーとは

    会社説明会では守るべきマナーがあります。
    受付の時点から見られていることを意識することが大事です。

    建物に入る前にはコートやマフラーなどは脱いでから入るようにしましょう。
    スマートフォンの電源も受付前に切っておくようにすると安心です。

    マナーモードにしたつもりでも、静かな場所に入るとバイブ音は意外と聞こえるものです。
    時間は厳守ですから、早めに受付を済ませるようにしましょう。

    書類を渡されたときには両手で受け取るようにします。
    説明会の席が自由なときは、前の方の席が空いているときには積極的に前の方に座ることも大事です。

    やる気をアピールすることに繋がります。
    始まるまで時間があるときは、もらった資料に目を通しておくようにしましょう。

    待ち時間も見られています。
    周りの人と雑談しながら待っている人よりも、資料を読み込んでいる人の方が好印象であることは間違いありません。

    会社説明会が始まったら、話している人の顔を見て、適度に頷きながら聞くようにしましょう。
    情報を聞き漏らさないようにメモを取りながら聞くことが大事です。

  • ☆会社説明会だからこそ注意したい!一目置かれる質問の仕方とは?

    会社説明会では質疑応答の時間が設けられるのが普通です。
    そのときには、できるだけ質問をするようにしましょう。

    会社説明会でする質問は、事前の情報収集では得られないような内容でなければなりません。
    一般に公開されている情報からわかるようなことを改めて聞くのは時間の無駄になるのでNGです。

    そのためにも、事前にしっかり資料を読み込んでおくことが欠かせません。
    また、自分だけに当てはまるような質問も避けましょう。

    多くの人も知りたい内容であることが重要です。
    質問された人が答えにくいようなネガティブな内容の質問も控えましょう。

    質問するときは、はっきりと大きな声で、聞き取りやすい速さで話すことを心掛けます。
    最初に大学名と氏名を述べたら、まず質問の趣旨を言うことがポイントです。

    相手が何について聞かれているのかがわかるので、答えやすくなります。
    突っ込んだ質問でありながら、答えやすい質問をすることが好印象に繋がります。

  • ☆就活のスタートダッシュ!会社説明会を上手に活用しよう

    会社説明会ではできるだけ就活に役立つ情報を手に入れるようにしましょう。
    そのためには、しっかりとした準備が必要です。

    前もって企業について調べたうえで参加するようにしましょう。
    合同説明会の場合も同様です。

    どんな企業が集まるのかを事前に確認し、簡単にでもそれぞれの企業について調べておきましょう。
    どんな企業かわかって話を聞きに行くと、質問できる内容も違ってきます。

    会社説明会での出会いを大切にすると、後々良い結果に繋がるかもしれません。