• #準備 #会社 #説明会

  • 会社説明会に行く前に!準備しておきたいこととは

    会社説明会はきちんと目的をもって参加することが大事です。
    就活の出発点として、しっかり情報収集に役立てるようにしましょう。

    必要な情報を得られるかどうかは、事前の準備にかかっています。
    何となく参加しただけでは、重要な部分を聞き漏らしてしまう可能性があるからです。

    どのような点に注意して話を聞けばよいかがわかれば、必要な情報を漏らすことがなくなります。
    この記事では、会社説明会の前に準備しておきたいことについて解説します。


  • ☆会社説明会には2つのタイプがある

    実は、会社説明会と呼ばれるものには2つのタイプがあります。
    合同説明会と単独説明会です。

    合同説明会とは、プレエントリーや単独での会社説明会が解禁される前に行われる説明会です。
    各企業ではなく就職情報誌などが主催する説明会で、ひとつの会場に複数の企業が集まるのが特徴です。

    個別ブースを設けて、採用担当者と直接話ができる場も設けられます。
    事前の予約が不要ですし、1日に複数の会社を見て回れるのが合同説明会の魅力です。

    今まで名前を知らなかった会社との接点ができる場合も少なくありません。
    事前に企業のことを調べて参加する方が深い質問ができますが、何でも気軽に質問しやすい雰囲気はあります。

    一方、単独説明会はプレエントリーをした就活生のみを対象にして行う会社説明会です。
    会社に関心を持った学生だけを対象にしているため、より深い説明を受けられます。

    ホームページや資料を見ただけではわからない情報を得るための場と思っておいた方がよいでしょう。
    そのため、事前の下準備が必須です。

    資料を読んだり説明を聞いたりしただけでわかるようなことを改めて質問しないように注意が必要です。
    また、単独の会社説明会では、面接や企業の適正診断が行われる場合もあります。

    そのための事前準備も行ってから会場に行くことが大事です。


  • ☆会社説明会に参加したけど…準備不足で困った!

    ではここで、就活を経験したことがある女性の方に、会社説明会に参加した際に準備不足を痛感したことについて質問してみました。


    ☆☆何となく参加でパニックに
    ・自己分析、履歴書、職務経歴書などの準備と、参加企業の下調べがしっかりとできておらず、ただなんとなくという気持ちで行ってしまったため、行ったのに結局どの企業の説明も聞かずに帰ってしまったという思い出がある。(20代/専業主婦・主夫/女性)
    ・十分道を調べたはずだったのに、慣れない都会で道に迷い、結局タクシーを使いましたが間に合わず遅刻してしまいました。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)
    ・事前に何を扱う会社か、同業の会社との違いなどをあまり理解せず説明会に参加し、質問する内容が浮かばないといったことがありました。(20代/無職/女性)
    ・自分が働きたい業種の企業が来るかを調べていなかったことです。建設業を希望していたので、会社名に工業と名前の付くところがあったため参加しました。ですが、建設業とは言ってもインフラ系の建設業ではなかったので、きちんと調べてから参加すれば良かったと思いました。(20代/正社員/女性)
    ・企業情報を調べる内容が不足していました。「弊社のサービスで利用したことのあるものをあげてください。」や「弊社のサービスで○○といったものがありますが」と言われたときに全く答えられなかったです。(30代/派遣社員/女性)

    【質問】
    会社説明会に参加した際、準備不足で困ったことを教えて下さい。


    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39
    調査期間:2017年12月18日~2017年12月25日
    有効回答数:100サンプル

    今回のアンケートでは、下調べをせずに参加したことを後悔する声が数多く聞かれました。
    特に、説明会をただ企業側から一方的に説明してくれる会だと思っている場合は、想像と違う内容に驚くことが少なくないようです。

    会社の概要もわからないまま名指しで質問を求められ慌てふためく様子も感じられました。
    では、どのように事前準備を進めればよいのかを見ていきましょう。


  • ☆説明会前の準備!企業の資料・HPをチェックする

    説明会に参加する前の準備として、最低限必要なのは、配布された資料を隅々まで目を通すことと、企業のHPをしっかり読み込むことです。
    一般に公開されている内容について改めて質問するのは失礼に当たります。

    もらった資料やホームページの内容は、できるだけ細かく目を通しておくのが礼儀です。
    たくさんの学生が集まる場ですから、わかりきったことを質問すると時間の無駄にもなります。

    周りにも良い印象を与えないので気をつけましょう。
    また、事前に質問事項を準備しても、準備した質問内容が薄いと、他の学生が先に質問してしまうかもしれません。

    質問のバリエーションはたくさん用意しておいた方が安心です。
    単独の会社説明会では、説明会に引き続き面接や適性診断が行われることもあります。

    会社説明会だけだと思って油断している人もいる可能性があるので、資料の隅々まで目を通しておいたことが功を奏する可能性もあります。

    会社説明会は欲しい情報を得られる場です。
    公開されている情報をしっかり読み込んだうえで、疑問点をピックアップしておくようにしましょう。

    そうすれば、説明会で聞くべき点もはっきりします。


  • ☆説明会の時間・場所・持ち物を確認しておこう

    説明会に参加するなら、事前に会場の下調べをしておくようにしましょう。
    会場の場所を知っているつもりだったのに、当日道に迷って遅刻というケースが少なくありません。

    大きな駅の場合は、出口を間違えるだけでたどり着けなくなることもあります。
    会社説明会は遅刻厳禁です。

    事前に連絡を入れても、遅刻すると参加できない場合があります。
    万が一参加させてもらえても、遅刻したことが採用に不利に働く可能性があることを覚えておきましょう。

    会場の場所や時間を間違えて記憶し、参加できなくなってしまったという話もたまに聞かれます。
    定期的に日時の間違いがないか確認する癖をつけると安心です。

    あらかじめ会場までの交通機関や乗り継ぎ、最寄り駅からの徒歩経路などを調べておくようにしましょう。
    また、説明会に行く際の持ち物は多くなりがちです。

    カバンがパンパンだと中身が取り出しにくいうえ見た目にもあまりよくありません。
    いるものといらないものをしっかり整理し、不要なものは持ち歩かないようにしましょう。

    当日の忘れ物を防ぐためには、チェックリストを事前に作成しておくのがおすすめです。
    前日の夜までに持ち物の準備をしておくと失敗せずに済みます。


  • ☆準備は会社説明会の前日までに
    会社説明会の準備はしっかりしておくに越したことはありません。
    準備は前日までに済ませておくことが大事です。

    当日になって慌てて行っても細かいところまで目を通せません。
    あれこれ引っ張り出して確認しても、必要なものをカバンに入れ忘れてしまう可能性があります。

    持っていなければ、購入しなければならない場合もあります。
    事前準備はとても重要です。

    余裕をもって取り掛かるようにしましょう。
    準備をしっかりやっておけば、その分他の人の先を行くことができます。