• #メイク #就活

  • 女子必見!就活に適したメイクの方法を徹底解説

    就活をするときに重要視される「身だしなみ」。

    女性の場合は服装のみならずメイクアップにも気をつける必要があります。
    採用面接に参加するときなどは、面接官に良い印象を与えるメイクで挑みたいところです。

    しかし、学生時代はメイクをしていなかったり就活に相応しいメイクの方法について知らなかったりする就活生がいることも事実です。
    今回は、就活に適したメイクの方法やポイントなどを徹底解説していきます。

  • ☆就活メイクは普段メイクとどう違う?

    普段は自分の好みのメイクをしていても、就活の際にはナチュラルメイクに変える人もいるのではないでしょうか。
    しかし、就活生の中には「どんなふうにメイクを変えればいいのか分からない」と悩む人もいます。
    就活をした経験を持つ人は、普段のメイクと就活メイクをどのように使い分けていたのでしょうか。アンケートをとってみました。


    ☆☆ここに気をつけていた!就活メイクに関するリアルな意見を調査

    ・あまり濃くしないのがポイントだと思いました。仕事の内容によるので、化粧の使い方を学びました。外見が仕事に影響を与える場合もあり、社会人になって身だしなみは気をつけるようにしています。(30代/女性/正社員)
    ・ベージュ系でラメの少ない、素っぴんではないナチュラルメイクがポイントです。華美なものや奇抜なメイクは採用側の女性の印象があまり良くないためです。(30代/女性/フリーランス)
    ・チークの入れ方を変えました。若々しく血色が良く見えるように意識します。普段使っているものよりもピンク色のチークを丸く高めに入れました。濃くなると幼稚な印象を与えてしまうので、やりすぎないように注意が必要です。(20代/女性/無職)
    ・ファンデーションで素肌感を出したり、眉毛を並行ではなく少しあげて書いたりした。チークは薄め、アイライナーはなしでいきました。あとは濃いリップやグロスは避けました。(20代/女性/専業主婦)
    ・普段は目が大きく見えるように、マスカラやアイライン、アイシャドウなどを濃いめにしますが、就活の時は地味目のメイクを心がけました。(30代/女性/パート・アルバイト)

    【質問】
    就活中のメイクと普段のメイクの仕方では何か違うポイントはありましたか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39
    調査期間:2017年11月17日~2017年11月24日
    有効回答数:100サンプル

    アンケートの結果、いつものメイクよりも薄めにメイクをする人が多いと分かりました。
    普段はばっちりアイメイクをしていても、就活中は薄めのシャドウやアイラインを意識するという意見もありました。

    チークの入れ方や眉の書き方など、メイクの方法に工夫を加える人もいるようです。

  • ☆スタート前に押さえておきたい!就活にふさわしいメイク方法

    就活生の中には「学生時代はメイクをせずメイクアップの方法が分からない」という人もいるのではないでしょうか。
    しかし、社会人になると女性がメイクをすることは1つのマナーになります。

    そのため、すっぴんや薄すぎるメイクで就活をすることはNGです。
    就活メイクの基本は「清潔感」と「ナチュラルさ」です。

    就活中はさまざまな年代の人と会います。
    そのため「どの年代の人と会っても好まれるようなナチュラルさ」が鍵となるのです。

    ナチュラルな印象を残しながら、きちんとメイクをしている雰囲気を醸し出すことは難しいと考える就活生もいます。
    それでは就活メイクの方法についてご紹介しましょう。
    まず就活メイクをきれいに仕上げるためには、「アイテム選び」が重要なポイントです。
    就活メイクに使用するメイクアップアイテムは、「派手な色合い」を避けるようにしましょう。

    アイシャドウであればブラウン、リップやチークカラーはピンクやオレンジ、ベージュなどの色合いがおすすめです。
    また、ラメ入りのメイクアップアイテムは就活メイクに使用しないようにしましょう。

    ラメ入りのメイクアップアイテムは、奇抜な印象を人に与える場合もあります。
    アイシャドウやチークなどは控えめな輝きが美しいパール入りのアイテムを選ぶのが良いでしょう。

  • ☆派手すぎはNG!就活用アイメイクの基本をチェック

    相手に与える印象を左右する「目」。
    アイメイクは目元の印象を変える役割を持っているため重要です。

    就活をするときのアイメイクは「アイシャドウの色は薄く付き・ナチュラルなカラーを選ぶ」、「アイライナーは細く引くこと」の2点がポイントです。
    アイシャドウはまぶたに陰影を付けることで目の大きさを強調する働きがあります。

    アイシャドウは、ブラウンの他にもピンクやカーキ、ゴールド、パープルなど様々なカラーが販売されていますが就活メイクにはナチュラルなブラウンのカラーが良いでしょう。
    ベージュの色合を選べばさらに控えめな印象に、ピンク・パープルのカラーを選ぶと女性らしく華やかな印象に仕上がります。

    アイライナーは、まつ毛のきわを埋めるように細く引きましょう。

    「アイライナーで線を引く」というよりも「まつ毛とまつ毛の間に点を打つ」ようにメイクアップするとナチュラルな印象に仕上がります。

    就活をするときに避けた方が良いアイメイクは「つけまつ毛を付ける」、「ボリューム系マスカラをたっぷりと重ねる」、「奇抜なカラーのアイシャドウを付ける」などが挙げられます。

    つけまつ毛はナチュラルメイクに馴染みにくく、目立ってしまう場合があります。
    まつ毛にボリューム系マスカラをたっぷりと塗ってしまうと、アイシャドウの色が薄くてもメイクが濃く見えてしまう場合もあるため注意しましょう。

  • ☆口紅は塗った方が良い?就活でおすすめの口紅と塗り方

    発言をする機会が多い面接では、口元に視線が集まりやすいといえます。
    表情を明るく見せつつ美しい口元を演出する「口紅」は就活メイクの必須アイテムといっても過言ではありません。

    口紅は選ぶカラーによって知的で落ち着いた雰囲気なども演出でき、イメージを変えたいときなどにも役立ちます。
    就活中に付ける口紅を選ぶ際には、アイシャドウと同様に派手すぎない色を選ぶことがポイントです。

    真っ赤な口紅は、奇抜な印象を与えてしまう場合もあるため避けるようにしましょう。

    就活メイクに使用できる口紅のカラーには、ピンクやコーラル、ベージュなどが挙げられます。
    口紅を選ぶときには、肌の色との相性を考えて選ぶことがポイントです。

    例えば、肌の色が白い人がベージュ系の口紅を付けると顔色が悪く見えてしまいます。
    肌の色が白い人は、顔色が明るく見えるピンクなどを選ぶのが良いでしょう。

    口紅を付けるときにはスティックを直に唇に当てるのではなくリップペンシルやブラシを使用するのがおすすめです。
    口紅を塗る際には、まずリップペンシルで唇の輪郭をなぞりましょう。

    その後リップブラシに口紅を適量取り、唇の中心から外へ向かって色付けしていきます。
    ティッシュで軽く口紅をオフしてから、再度ブラシで色をのせると色持ちが長くなります。

  • ☆きちんと顔を使い分けている?業界別にふさわしいメイクを解説

    就活メイクの基本は「ナチュラルで清潔感があるメイク」です。
    しかし、試験を受ける企業によっては一般的な就活メイクが地味に見えてしまうケースもあり、就活のメイクは業界別に変えるようにしましょう。

    就活のときに一番大切なのは「企業で働きたい」という意思をアピールすることです。
    面接官に、「企業で働いている自分」をイメージしてもらうためには、服装やメイクの基準をその企業で働いている人に合わせることが大切です。

    具体的な例を業界別に挙げていきましょう。
    まず金融や保険業界で働きたいという方は、「誠実なイメージ」を与えるメイクを意識しましょう。

    メイクに使用するアイテムをベージュ系の色で統一してみるのもおすすめです。
    アイシャドウにはナチュラルなベージュを、リップやチークにはオレンジベージュやピンクベージュのカラーを使用すると良いでしょう。

    一方、ファッションや航空業界などは「女性らしく華やかな雰囲気」が求められます。
    これらの採用試験を受ける場合はメイクアイテムをピンクで統一してみるのも良いでしょう。

    ただし、ピンクのアイシャドウは眼が腫れぼったく見えるため塗り方に注意が必要です。
    まぶたのきわに濃い目のブラウンを重ね、目元をしっかりと引き締めましょう。

  • ☆忙しくてもできる!就活中のメイク直し方法

    就活中は面接を受けるために会社から会社に移動したり、合同説明会に参加したりと忙しい場合が多いです。
    しかし、忙しい就活のときこそ気をつけたいのが「メイク崩れ」です。

    特に皮脂が分泌されやすいおでこや鼻の周り、涙で滲みやすい目の周りには注意しましょう。
    メイク直しに必要なアイテムとして挙げられるのが「ティッシュ」や「綿棒」、「乳液」、「パウダーファンデーション」などです。

    それでは、パーツ別のメイク直しの方法をご紹介します。
    まずはベースメイクの崩れを直す方法に着目しましょう。

    ベースメイクの崩れを直すときには、「乳液」と「ティッシュ」、「ファンデーション」を使用します。
    まず、メイク崩れが気になる部分をティッシュで軽くトントンと叩きます。

    その上に乳液をのせ馴染ませたら、再びティッシュで拭き取ります。
    ベースメイクが薄くなった部分にファンデーションを伸ばすと完成です。

    アイライナーのヨレを直すには、「乳液」、「綿棒」、「アイライナーまたはアイシャドウ」が必要です。
    まずは、乳液を付けた綿棒でヨレてしまったアイラインを拭き取ります。

    乳液を軽くふき取った後、アイライナーでラインを書き足します。
    ラインをアイシャドウでぼかしても良いでしょう。

  • ☆好印象なフェイスが完成!身だしなみが整えば心も整う

    人から見られる機会が多い就活では、万人に受けるナチュラルメイクを意識することがポイントです。
    しかし、業種によってはメイクに工夫を加える必要もあるためあらかじめ企業の雰囲気や勤めている人のファッションなどを調べておくと安心です。

    好印象を与える就活メイクなら、あなたの魅力を後押ししてくれます。