• #就活 #髪型 #女性

  • 就活でウケの良いロングヘアはこれ!女性就活生におすすめの髪型

    長髪が許されない男子とは違い、女子には髪型にある程度の自由があります。
    なかには、ロングヘアで就活に挑もうとしている人もいるかもしれませんね。

    フェミニンな印象のあるロングヘアは、ヘアアレンジによってさまざまなスタイルにできるのが魅力。
    シニョンで知的な大人の女性をアピールすることもできれば、ハーフアップで清楚で華やかなイメージを作ることもできます。
    ここでは、ロングヘアの人におすすめできる就活時のヘアスタイルについて紹介します。

  • ☆基本はナチュラルが大原則

    就活のヘアスタイルでは学生らしいフレッシュさ、社会人にふさわしいフォーマル感、そして清潔感が重視されます。
    そのため就活のヘアスタイルには普段では考えられないようなさまざまなお約束があります。

    業界によっては例外があることもあるのですが、内定獲得を目指すのであればこれらのルールに従うのがおすすめです。

    髪の色は黒が基本。
    地毛に近いダークブラウンは許容されますが明るい茶髪は論外です。

    また、個性的な髪型やおしゃれすぎる髪型は避け、やり過ぎ感のないシンプルな髪型にするのが基本です。
    たとえば、ロングヘアの場合、巻髪やふわふわパーマは避けたほうがよいでしょう。

    業種によってはそもそもパーマも避けたほうが無難です。
    黒髪のナチュラルな印象のあるヘアスタイルを心がけましょう。

    ストレート、ウェーブをつけるならくせ毛や天然パーマに見えるくらいに留めるのが望ましいです。
    そのうえでヘアアレンジをして、まとめ髪ですっきりと見せるのがおすすめです。

    ダウンスタイルだとお辞儀のときに邪魔になるほか、顔の輪郭が隠れてしまいます。
    まとめ髪で肌が見える範囲を広くすると肌に光があたり、顔全体が明るく見えます。

    顔の印象を暗いものにしないためには、耳やあご、おでこなど顔のラインはなるべく出すと覚えておきましょう。

    また、その意味では前髪の長さにも気をつけるべきです。
    眉毛が見えるような長さに整えるか、目にかかってしまいそうならサイドに流してスプレーで固めるなどするとよいでしょう。

  • ☆ポニーテールやシニヨン…清楚で上品な髪型を目指そう

    先ほどの段落でも少し触れましたが、ロングヘアで就活に挑む場合はダウンスタイルだとお辞儀をしたときなどに髪が邪魔になりがちです。

    そこでおすすめなのがポニーテールやシニョンといったベーシックなまとめ髪スタイル。
    動きやすいのはもちろん、上品で清潔感のある髪型ですので面接官に好印象を与えられます。

    就活向きのまとめ髪スタイルには次のようなものが挙げられます。
    まずはひとつ結び、いわゆるポニーテールです。

    大人っぽく落ち着いた印象にするのであれば低めの位置で作るのがよいでしょう。
    高めの位置で作ったポニーテールは子供っぽく、またカジュアルな印象になるのでNGです。

    また、後れ毛やサイドに髪を垂らすのも幼い印象になるので避けます。
    耳の下あたりで髪をゴムできっちりまとめます。

    最後は黒いシュシュでヘアゴムを隠しましょう。

    シニョンはやや低めの位置でお団子を作る髪型で、上品で知的な印象になります。
    ポニーテールにまとめた髪を根本部分に巻きつけ、シニョンネットやピンで止めて作ります。

    ハーフアップは清楚で華やかな印象の髪型です。
    耳の上あたりのラインの髪を分け取り、後頭部の中心部あたりに集めます。

    ゴムでひとつにまとめたら、バレッタなどでゴムを隠して完成です。

    なお、まとめ髪をするときは、最初に髪全体に軽くワックスを揉み込み、最後にヘアスプレーで固めるようにするとヘアスタイルの崩れを防ぐことができます。

  • ☆ロングヘアで気を付けたい注意点

    アレンジ自在なロングヘアですが、アレンジの仕方を間違えてしまうと逆に面接官に悪い印象を与えてしまうかもしれません。
    そこで今度は、ロングヘアの人だからこそ気をつけたいヘアアレンジの注意点を紹介します。

    1つ目は清潔感があり、派手すぎない髪型にすることです。
    ボサボサしたロングヘア、成人式でするような派手なヘアアレンジは避けましょう。

    2つ目は髪をまとめる位置です。
    ポニーテール、シニョンの場合、髪をまとめる位置によっては就活向きとは言えないヘアスタイルになってしまいます。
    髪を結ぶ位置が高いとカジュアルな印象になりますし、低すぎると老けた印象になります。

    3つ目は前髪の扱いです。
    長い髪が目や顔にバサバサとかかっていると清潔感がありませんし、暗い印象にもなります。
    カットするか寄せて固めるかしてスッキリさせてしまいましょう。

    4つ目はヘアアクセサリーの選び方です。
    ヘアアレンジではゴムやピン、シュシュ、バレッタといったヘアアクセサリーが必須。
    こうしたヘアアクセサリーを身につけるときは、シンプルなデザインで髪の毛と同化する色のものを選ぶのが無難です。
    色やデザインが派手なものは身につけないほうがよいでしょう。

  • ☆ロングヘアの女性社会人に聞いた!どんな髪型をして面接に行った?

    いろいろなアレンジができるロングヘア。
    実際どんなヘアアレンジをして就活生は面接会場に行っているのでしょうか。

    みなさんの先輩にあたる全国の社会人を対象にアンケート調査を実施しました。

    ☆☆まとめ髪ですっきりと!
    ・ひとつにまとめたりハーフアップにしたりして清潔感が出るようにした。(29歳/女性/正社員)
    ・ショートボブで、顔に髪がかからないようにしました。(40歳/女性/正社員)
    ・低い位置のポニーテールでひとつにまとめた。(25歳/女性/正社員)
    ・就活の時は、黒髪で、夜会巻きにセットしていました。(33歳/女性/個人事業主・フリーランス)
    ・髪色は明るすぎない茶髪で、お団子にしていた(29歳/女性/正社員)

    【質問】
    就活にはどんな髪型で行きましたか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年09月08日~2017年09月15日
    有効回答数:209サンプル

    ポニーテールなどのまとめ髪はやはり王道のようですね。
    これまで紹介したヘアスタイル以外にも、夜会巻きなどシンプルで派手すぎない髪型であれば十分就活向きと言えそうです。

  • ☆自分なりのセット方法を見つけよう

    まとめ髪と聞くと大変というイメージもあるかもしれません。
    たしかに、凝ったまとめ髪スタイルは自分で作るのは難しいですよね。

    ただ、就活では結婚式、成人式のような華やかなスタイルはあまり求められていません。
    シンプルで崩れづらいまとめ髪であればOKです。

    毎朝忙しい時間でも、簡単にセットできそうな髪型のなかから自分に似合いそうなものをひとつ決めておくとよいかもしれませんね。