• #就活 #グループワーク #コツ

  • 就活で一歩リード!グループワークで上手くアピールするコツ

    就活でグループワークを行う機会は増えつつあります。
    面接と比べて大変と思う人もいるかもしれませんが、実はグループワークは自己アピールをする大きなチャンス。

    自己アピール力勝負になりがちな面接とは違い、グループワークでは地味な作業にもスポットライトがあたります。
    面接でうまく話せる自信がないという人でも、採用担当者に評価してもらいやすいのです。

    ここではそんなグループワークを攻略し、あなたの良さをアピールするコツを解説します。

  • ☆グループワークの目的を知っておこう!

    具体的なコツについて紹介する前に、まずグループワークの目的について考えてみましょう。
    採用担当者にとってグループワークは、面接では測れない力を知る重要な手がかりです。

    これはグループワークのほうが面接より就活生の「素の状態」を観察しやすいためです。
    面接では就活生の発言内容から就活生の人柄やスキルを評価することになりますが、すべての就活生が正直な申告を行っているとは限りません。

    就活生としては面接官にはできるだけ良い印象を与えたいと考えるのが自然です。
    ウソをつくつもりはなかったとしても、戦略として都合の悪いことは黙っているなどの行動を取っている人は多いかもしれません。

    就活生が面接対策を行うのはある意味当然のことです。
    しかし、採用担当者としては面接で受けた就活生の印象と入社後の印象が食い違い、びっくりしてしまうことも出てきます。

    そこで登場するのがグループワークです。
    グループワークでは面接では正確に判定するのが難しい力、たとえばチームで働く力を評価できます。

    コツコツと作業するのが得意、話をまとめるのが得意といったそれぞれの個人の特性を観察することもできます。

    グループワークの目的は、こうした面接ではわからない就活生の特徴や能力を評価することにあるのです。

  • ☆予めパターンを頭に入れておくとスムーズ

    グループワーク成功のコツ、1つ目はパターンを押さえておくことです。
    実は就職試験におけるグループワークは作業型、プレゼン型、ビジネス型の3パターンに分類することができます。

    あらかじめどんな課題が来るかわかっていれば対策も立てやすいですし、本番で気持ちにゆとりも持てますよね。

    作業型は、紙などで工作物を作らせる、カードゲームや脱出ゲームをプレイさせるなど文字通り「作業」が中心となるグループワークです。
    グループディスカッションとは違い、議論は重視されません。

    プレゼン型は、与えられた課題を議論するという意味ではグループディスカッションと似ていますが、成果物の提出を伴うのが特徴です。
    したがって最後にプリント・ホワイトボードに議論の内容をまとめる、プレゼンをするといった作業が必要になってきます。

    評価では議論の過程はもちろん、最後の成果物(プリント、ホワイトボード)、プレゼンの出来具合も重視されます。

    ビジネス型は、CMを作るなど実際のビジネスシーンでもありそうな課題に対し、みんなで解決策やアイデアを考えるタイプのグループワークです。

    実際のビジネスでも通用するような、説得力のある実用的な案を出すことが求められます。

  • ☆与えられた役割のなかで上手くアピールする

    グループワーク成功のコツ、2つ目は自分に与えられた役割を理解することです。
    グループワークではそれぞれのメンバーに役割が与えられ、それに基づいて行動しきます。

    役割によって求められている力が違うので、それぞれの役割なりのアプローチでチームに貢献していく必要があります。

    たとえば、プレゼン型では司会、書記係、タイムキーパー、プレゼン担当などの役割分担が考えられます。
    司会は全員に発言の機会を与えるなど全体に気を配りながら、議論をスムーズに進行させていく役です。

    また、書記係は議論の過程や内容をメモする役で、各メンバーの意見を整理するなど結論をまとめあげるのに大きな役割を果たします。
    また、タイムキーパーは時間管理、プレゼン担当は最後のプレゼン発表を担当します。

    特に役職がつかなかった人にもアイデアを出す、議論を活発にするという立派な役割があります。

    自己アピールに向いているのは司会、プレゼン担当というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、目立つポジションだけが評価対象になるわけではないというのがグループワークの特徴です。
    内気な人、リーダーシップを取るのが苦手な人でも、自分に合った役割を選び、それを誠実にこなしていけばきちんと評価してもらえます。

  • ☆先輩たちはアピールのためにどんな工夫をしていた?
    それではグループワークにおいて先輩たちはどのように自己アピールを行っていたのでしょうか。
    全国の社会人、就活経験者を対象にアンケート調査を実施してみました。


    ☆☆発言をしっかり、役職に立候補…アピールにはコツがある!
    ・発言があまりできなかったから、という不安があったので書記に立候補した。(46歳/女性/パート・アルバイト)
    ・意見を積極的に言うようにしました。(26歳/女性/個人事業主・フリーランス)
    ・グループワークでは率先してアイデアを出し、相手の意見を尊重しつつ自分の意見もうまく主張し自己アピールにつなげていった。(22歳/男性/学生)
    ・積極的に提案をしつつ、周りの意見を無視したり無理やり話しを曲げたりするようなことはしないように気をつけました。(29歳/女性/パート・アルバイト)
    ・自己アピールするために、リーダー役を買って出ました。(46歳/男性/正社員)

    【質問】
    グループワークでは自己アピールのためにどのような工夫をしましたか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:年齢不問・男女
    調査期間:2017年09月08日~2017年09月15日
    有効回答数:100サンプル

    アンケートを取ったところ、役職に立候補する、自分の意見をどんどん発信するといったアイデアが多く寄せられました。
    積極的にグループワークに参加する姿勢を見せることがポイントとなるようですね。
    また、チームワークとなるだけに、人の話をさえぎらないなど他人を気遣う気持ちを忘れないのも重要な注意点として挙げられそうです。

  • ☆自分なりの能力や適性をアピールすることが大切

    人にはそれぞれ個性があり、得意・不得意があります。
    グループワークを成功させるためには自分の意見を発信する力や協調性も必要ですが、自分の強みを活かしてチームに貢献する姿勢も同じくらい大切です。

    役職決めの際は自分に合った役職に立候補すれば自分の長所をアピールしやすいでしょう。
    必ずしもリーダーシップを発揮すればよいというわけでもないので、積極的に前に出るのが苦手な人でも合った役割がきっと見つかるはずです。