• #就活 #グループワーク

  • 就活で頻出!グループワークとはどのようなものを言う?

    面接では測れない就活生の能力や人柄を評価できるグループワークは、採用担当者にとってはメリットの多い試験形式です。
    実際採用試験の一次試験、二次試験にグループワークを取り入れる企業が増加しています。

    就活生にとって現代の就活を勝ち残るためには、グループワーク対策が必須と言えるでしょう。
    ここでは、対策の方向性を知るためには欠かせない、グループワークに関する基礎知識を紹介します。

  • ☆就活で行われるグループワークってどんなことをするの?

    グループワークとは、ほかの就活生とチームになり、みんなで協力して与えられた課題を解決するという方式の選考試験を指します。
    ただ議論をしたり作業をしたりするだけでなく、最後に何らかの成果物の提出が求められるのが特徴です。

    たとえば、作業形といわれるタイプのグループワークではあまり議論の要素はなく、みんなで工作をしたりゲームをプレイしたりします。
    作業の最後には完成させた工作物などを提出することになります。

    また、ビジネス型といわれるタイプのグループワークでは「マーケティングプランを考える」など将来の仕事に直結するような実践的な課題が出されます。
    この場合、ただアイデアをみんなで議論するだけでなく、実際の業務で使えるような形にまで落とし込むことまで要求されます。

    グループワークでは成果物を作る過程はもちろん、作業の結果や完成した成果物のクオリティもが評価対象になります。
    与えられた制限時間内で成果物を完成させるためには、適切な役割分担、そしてチームプレイが不可欠です。

    グループワークとは、役割分担に従って自分の与えられた仕事に全力を尽くす姿勢、あるいは協調性といったチームで働くのに必要な力が見られる場と言えるでしょう。

  • ☆面接だけでは判断できない力を見られる

    これまで就活では面接試験がメインに行われてきました。
    しかし、実は採用担当者のなかには面接試験では応募者の人柄などを正確に判断できないと感じている人も多いのです。

    これは応募者が面接対策をしっかり行い、面接中の言動にかなり注意しているためです。
    面接では応募者の発言内容が評価対象になるため、面接官としてはそれを信じるしかありません。

    しかし、実際には応募者は面接に合格するため、印象操作をしたり自分に都合の悪い発言をしなかったりします。
    たとえば「リーダーシップがある」と面接でアピールをしてきた応募者を採用してみたところ、入社後まったくリーダーシップを発揮してくれないということも起こり得るのです。

    こうした困った事態を予防するために活用されるのがグループワークです。
    グループワークは面接では判断できない素の応募者の言動もチェックしやすいといわれています。

    また、他者との協調性や与えられた役割分担をしっかりこなす力といった面接では評価できない要素も評価できます。
    面接では受かるのにグループワークで落ちてしまう人、面接では自分を押し出せないもののグループワークでは高評価を得られる人が出てくるのはこのためです。

  • ☆グループワークを重視している企業は多い

    グループワークを行うことで面接官は応募者のチームで働く力、協調性などを直接観察することができます。
    グループワークを成功させるためには人の意見を聞き自らも発信できる力、他者への気遣いを忘れない姿勢、与えられた仕事に全力で取り組む意志といった能力が求められますが、こうした力は入社後にチームで働くときにも役立ちます。

    企業側としては、採用後に本当に会社組織の中で活躍してくれる人材を見つけたいと考えています。
    面接だけで応募者を採用してしまった場合、応募者の人柄や能力について客観的な評価をするのは難しいところがあります。

    応募者の言葉と実際の本人像の間に落差があり、会社が求める人物像との間にズレが出てきてしまうおそれもあるでしょう。
    一方、グループワークでは模擬的にチームで働く力を見ることができ、さらに面接ではわからなかった本人の実際の能力、人柄をも判定することができます。

    グループワークとは企業にとっては自社にマッチングした人材を見つけるための強力なツールなのです。

    こうしたことから、採用時グループワークを重視する会社は増えてきています。
    就活を成功させるうえでグループワーク対策は欠かせないものと言えるでしょう。

  • ☆グループワークを重視している企業は多い

    グループワークを行うことで面接官は応募者のチームで働く力、協調性などを直接観察することができます。
    グループワークを成功させるためには人の意見を聞き自らも発信できる力、他者への気遣いを忘れない姿勢、与えられた仕事に全力で取り組む意志といった能力が求められますが、こうした力は入社後にチームで働くときにも役立ちます。

    企業側としては、採用後に本当に会社組織の中で活躍してくれる人材を見つけたいと考えています。
    面接だけで応募者を採用してしまった場合、応募者の人柄や能力について客観的な評価をするのは難しいところがあります。

    応募者の言葉と実際の本人像の間に落差があり、会社が求める人物像との間にズレが出てきてしまうおそれもあるでしょう。
    一方、グループワークでは模擬的にチームで働く力を見ることができ、さらに面接ではわからなかった本人の実際の能力、人柄をも判定することができます。

    グループワークとは企業にとっては自社にマッチングした人材を見つけるための強力なツールなのです。

    こうしたことから、採用時グループワークを重視する会社は増えてきています。
    就活を成功させるうえでグループワーク対策は欠かせないものと言えるでしょう。

  • ☆採用担当者に聞いた!グループワークの重要性

    導入企業も増えつつあるグループワークですが、実際問題企業の採用担当者はグループワークをどれくらい重視しているのでしょうか。
    採用担当経験者を対象にアンケート調査を実施し、気になる本音を探ってみました。


    ☆☆重視していると答える採用担当者は多かった!
    ・最初の5割ぐらいの重要さですね、別に高得点じゃなくてもよくて、社会性がない人を落とす足切りです(38歳/男性/正社員)
    ・とても重要視しています。団体行動は大切なので。(25歳/男性/正社員)
    ・個人的にはあまり重視していない。社交的でない人の潜在能力にも目を向けたい。(42歳/男性/正社員)
    ・グループワークをさせると、協調性、問題解決能力、発想力などを総合的に測ることができるので、面接よりも重視している。(48歳/女性/正社員)
    ・参考程度です。どちらかと言えば個別面接の方を重視しています。(35歳/男性/正社員)

    【質問】
    グループワークは採用に際してどれくらい重視していますか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【職業】個人事業主 公務員 正社員 経営者
    調査期間:2017年09月08日~2017年09月15日
    有効回答数:104サンプル

    あまり重視しない、参考にする程度という人がいる一方で、それなりに重視する、かなり重視するという人もかなり多いことがわかりました。
    実際の選考過程においてグループワークの得意・不得意がもたらす影響は大きいと言えるのではないでしょうか。
    就活生としては本番前にしっかりと対策する必要がありそうですね。

  • ☆事前にしっかりと対策をしていこう

    グループワークでは限られた時間内での課題解決、成果物作成というミッションが課せられています。
    全く何の準備もしていないと戸惑うこともあるかもしれません。

    しかし、役割分担や時間配分を決める、役割分担に沿ってみんなで協力して動くといったグループワークの基本を知っていれば、課題のクリアはかなり楽になります。

    グループワークには出題のパターンがありますので事前の準備は十分に可能です。
    コツを押さえた対策で選考を有利に進めましょう。