• #キャリア #ビジョン

  • 就活に役立てる!キャリアビジョンの概要と対策方法まとめ

    就活をするうえでキャリアビジョン対策は欠かせないものです。

    主に就職活動の場で用いられることの多いキーワードですが、仕事だけではなく、自分自身の人生や将来のことを考えるうえでも大切なことになります。
    これから先の将来を有意義なものにしたいと思っているのなら、真剣に考えるべき事柄です。

    キャリアビジョンと言われても何のことかわからない人のために、一体どういうことを指すものなのか、具体的な対策のポイントや書き方としてはどんなものがあるのかをご紹介します。

  • ☆キャリアビジョンとはどういうもの?何の意味がある?

    キャリアビジョンとは、主にビジネス面における自分自身の将来的な理想像のことです。
    将来どんな仕事に就きたいのか、どんなことをして過ごしたいのかなどを語るために用いられます。

    基本的には自分自身の理想に依存するので、どんなキャリアビジョンを思い描くのかは人それぞれで違うものです。
    具体的なキャリアビジョンの描き方ですが、これまでの自分と今現在の自分を見つめ直し、これから先の自分について考えていきます。

    自分のなかにある価値観や考え方を基準として、将来的な理想像とはどんなものなのかを考えていくのがキャリアビジョンの基本的な思い描き方です。
    自己分析が苦手だと難しく感じてしまうかもしれませんが、はっきりとした願望ややりたいことなどがあればそう難しいものではありません。

    将来的にやりたいことがなかなか思い浮かばなかったとしても、冷静に自己分析を重ねていくことで徐々に定まっていくでしょう。
    キャリアビジョンとは面接に役立てるための自己アピール手段という見方もできますが、自分の夢や将来を見据えるためのものでもあります。

    就活を成功させるためだけにキャリアビジョンについて考えるのではなく、自分自身の将来のためにも思い描いてみましょう。

  • ☆キャリアビジョンとキャリアプラン!2つの違いは何?

    キャリアビジョンとキャリアプランは似ているようで大きな違いがあります。
    自分自身の仕事や生活に関する将来を考えるという目的の面では、確かに同じものだという見方もできるでしょう。

    しかし、具体的な役割についてはそれぞれで違います。まずキャリアビジョンですが、これは自分自身が将来目指したい理想像を思い描くためのものです。
    それに対してキャリアプランは、キャリアビジョンに基づいて考える目標や計画の役割を果たします。

    面接の場で度々用いられることが多いのはキャリアビジョンのほうですが、こちらだけではなく、キャリアプランと合わせて対策しておくのが望ましいです。
    なぜなら、面接時に将来の目標や理想について聞かれたあとは、高確率でそのための計画に関して掘り下げる人事も多いためです。

    具体的にどのような行動を起こそうと考えているのかについては、キャリアビジョンで明確にする人は少ないでしょう。
    面接対策としてだけではなく、キャリアビジョンの実現に向けて努力したいと考えているのなら、なおさらキャリアプランは重要な存在となります。

    自分の将来のためを考えるのなら、キャリアビジョンとキャリアプランの両方を上手に組み合わせましょう。

  • ☆キャリアビジョンを描いたことはある?

    働いている女性のなかで、どれほどの人がキャリアビジョンを描いた経験を持っているものなのでしょうか?体験談について聞くため、女性100人を対象にアンケート調査を行ってみました。

    【質問】
    キャリアビジョンを描いたことはありますか?

    【回答結果】
    はい : 64
    いいえ : 36

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年08月08日~2017年08月15日
    有効回答数:100サンプル

    ☆☆過半数は経験あり!就活が主なきっかけ?
    調査してみたところ、100人中64人がキャリアビジョンを描いたことがあると回答していました。

    ・就職活動をするときにキャリアビジョンを描きました。(20代/女性/派遣社員)
    ・今現在している仕事に満足がいかず、本当に自分がしたいことは何なのかと考えた。(20代/女性/正社員)
    ・入社後の研修で考えさせられたので、自主的なものではなかった。(30代/女性/パート・アルバイト)

    就職活動を機にキャリアビジョンについて考えたという回答が目立っています。
    ほかには入社後の研修で課題として出たと答えている人も複数名おり、自主的にキャリアビジョンを思い描いた人は少ないかもしれません。
    しかし、自分を見つめ直すために取り組んでみたという人も一定数いるようです。

    ・キャリア自体にあまり興味が沸かないから。(20代/女性/パート・アルバイト)
    ・まずは就職しなくてはという思いがあった。実際に仕事をしていかないとわからないこともあるので、あまり考えなかった。(20代/女性/派遣社員)

    キャリア自体に興味が持てなかったり、考えている状況ではなかったりといった場合には、キャリアビジョンについて思い描く機会がないことがうかがえます。キャリアビジョンが必要とされる場面がなければなかなか関わることはないのかもしれません。


    調査の結果、過半数がキャリアビジョンについて考えた経験はあるものの、未経験者も少なくないことがわかりました。自主的に考えてみる人はそう多くはないようですが、自己分析や自分の将来を考えるうえでは必要だと言えそうです。

  • ☆女性ならではの描き方がある!キャリアビジョンのポイント

    キャリアビジョンは就活やキャリアアップをする上で男女共に考えるべき大切なものではあります。
    しかし、女性だからこそ押さえておくべきポイントや描き方のコツというものもあるのも確かです。

    女性は結婚や出産をきっかけに仕事の状況や環境が変化することも珍しくありません。
    特に影響しやすいのは妊娠時や育児の時期です。

    そういったライフイベントが起こったとき、仕事についてはどのように考えているのか、将来的にはどうしていきたいのかを前もって明確にしておきましょう。
    就活の段階では特にはっきりとさせておくことで、企業選びには大いに役立ちます。

    自らが思い描いたキャリアビジョンを元に、どの職場なら実現できるかどうかを判断できるためです。
    キャリアビジョンが明確であるならそれを元に、理想を叶えたり、目標を達成できたりするような環境を備えた職場かどうかを冷静に判断してみるといいでしょう。
    企業選びだけではなく、自分自身を見つめ直すためにもキャリアビジョンは有効的な手段となります。

    これからどうしたいのか、どんな強みや弱みを持っているのかなど、自分自身について深く知りたいときにも役立ててみてください。

  • ☆キャリアビジョンの書き方まとめ!考え方のコツは?

    キャリアビジョンには上手な書き方のコツがあります。自分で確認するためのものというわけではなく、エントリーシートに書くようなキャリアビジョンであれば、特に書き方にはこだわっていきましょう。
    名称はキャリアビジョンであったとしても、書いて企業に渡すとなれば、立派な自己アピールポイントの1つです。

    まず大切となるのは、理想のままに自分が思う将来像を書き並べるのではなく、具体的な内容を書くことです。
    漠然としたキャリアビジョンは何のアピールにもならないですし、自分自身のなかでもどんなことが理想だと思っているのかがあやふやになってしまいます。

    はっきりとした将来像を考え、そこに向かって努力ができるようにするためにも、きちんと考え
    ておきましょう。現実的な範囲で高いキャリアビジョンを掲げ、自分が将来的にどうなりたいのかを明確にしてください。さらに具体的にするためには、5W1Hの要素も加えることをおすすめします。特に「いつ」というポイントに関しては、目標を数値化できるため、より具体的となります。また、自己アピールとして強調するのなら、企業の理念や目標と照らし合わせつつ、自分自身の目標も同じ方向性になるよう意識していくといいでしょう。

  • ☆面接でキャリアビジョンの質問があったら!好印象を与える答え方

    企業の面接ではキャリアビジョンについて訊ねられることは決して珍しくありません。
    応募者の価値観や考え方、目指している方向性などを確かめるのに、キャリアビジョンを確認するのが有効な方法があるためです。

    ほかにも、向上心がある人間かどうかを人事が的確に判断するために用いられることもあります。
    面接でキャリアビジョンについて聞かれたときに、具体的な答えが出せるように、あらかじめどんな回答をするのかを具体的に考えておきましょう。

    よくある間違いが、意気込みを伝えることです。
    ただ「早く仕事を覚えたい」と答えたとしても、何のためにであったり、いつまでであったりといった具体的な目標設定がなければ、ただの意気込みとしてしか見てもらえません。

    そうなってしまわないように「何年後までにこんなことをこのような方法で努力し、こんなことに役立てたい」といった具合に詳しく盛り込んでみてください。
    女性の場合は特に、仕事の面だけではなくプライベートに関するビジョンも明確にしておくのが有効的です。

    結婚や出産についてはどのように考えているのか、生涯仕事を続けていきたいのかどうかなどをはっきりと伝え、計画性や向上心の高さを上手にアピールしましょう。

  • ☆将来のためにキャリアビジョンについて考えよう!

    就活には決して欠かせないと言っても過言ではないキャリアビジョンですが、将来の自分の理想について考えることですから、何よりも自分自身の将来のためになります。
    たしかに、面接でできる自己アピールの手段であり、就活を成功に導くためのものでもあります。

    しかし、それも自分の生活や人生を有意義にするための一環のようなものです。
    充実した仕事に就いて、充実した人生を送るためにも、キャリアビジョンについて真剣に考えてみることをおすすめします。