• #就活 #Webテスト #対策

  • 就活スタート時に必見!Webテストとは一体何なのか徹底解説

    就活を始める際には、「希望する企業にできるだけスムーズに入社する」ことを目標にしている方も多いのではないでしょうか。
    採用試験を受ける場合、Webテストは最初の関門になります。

    Webテストに合格するためには、事前にどのような対策を行うのかが重要なポイントです。
    今回はWebテストの役割などについてご紹介します。

  • ☆そもそもWebテストとはどのようなことをする?

    Webテストとは、企業と応募者の相性を測るためのテストです。
    金融や接客業、IT関連の仕事など業種に関係なく実施されています。

    Webテストの種類は1つではなく代表的な「SPI」と呼ばれるものから「玉手箱」、「GAB」や「CAB」などの種類があります。
    業界によって実施されるWebテストは分けられており、中には英語やプログラミングの専門知識が含まれたものなどもあります。

    出題される内容は、一般常識や熟語の成り立ちなどを含む「言語」と数学の内容を含む「非言語」などです。

    また、英語に関する問題が出題されることも多くなっています。
    Webテストとは名前の通り、パソコンを使用して解答していくテストです。

    問題数は100問に及ぶ場合もあり、制限時間が設けられています。
    ペーパーテストとは解答方法が異なるため、操作方法が分からず解答に時間がかかってしまう場合などもあります。

    問題に対し答えが分かっているにもかかわらず、回答ができないのはもったいないといえます。

  • ☆Webテストでは就活生の何を見るの?

    Webテストは「仕事を進めるうえで必要な能力を応募者が持っているのか」、「応募者の性格は仕事に適しているのか」の2つの観点から判断されます。
    まず「能力」に関するテストでは言語(熟語の成り立ちや文章の読解力など)英語に関する能力、数学に関する問題(確率の計算など)が出題されます。

    また、プログラマーなどの専門的な知識を必要とする職種の場合は暗号に関する問題などが組み込まれたWebテストなどもあります。
    これらの能力テストでは、正答率だけではなく解答にかかった時間も選考に含まれます。

    解答にかかった時間からは「どの問題にどれくらいの時間をかけたか」、「頭の回転は早いか」、「適当に解答していないか」などを読み解くことができます。
    次に性格適性診断では、コミュニケーション能力、向上心や責任感の有無、感情の安定性などを測ります。

    性格や心の状態にスポットを当てることによって企業との相性が良いのか悪いのかを判断することができるのです。
    そして企業に自分を良く見せるために「嘘の回答」をしてしまうと、企業側にばれてしまう仕組みが取られていることもポイントといえるでしょう。

  • ☆Webテストで必要な対策とは…

    Webテストの対策方法として有効なのは「パソコンでの受験に慣れておく」ということです。
    Webテストの回答に時間がかかってしまい最後の問題にまでたどり着けなくては点数を落としてしまいます。

    Webテストの対策を行う際には、参考書で問題を解くだけではなくパソコンを活用することがおすすめです。
    本番もスムーズに回答ができるように、体験版で予習をしておくと良いでしょう。

    また、性格適性検査では自分の性格や能力を偽らないようにしましょう。
    Webテストに合格し、仕事を開始した後に現実とのギャップを感じてしまう場合もあります。

    例えば、社交的な性格でないにもかかわらず「人と関わり合うのが好き」と答えてしまうと営業として採用されるケースもあります。
    実際に仕事を始めてから壁に当たってしまうこともあるため注意しましょう。

    実際にWebテストを受験する際には、「ネット環境に配慮すること」も重要です。
    自宅で受験する場合などは、ネットの接続状態が不安定になることもあります。

    接続障害が起こりやすい理由から、自宅での受験よりも学校や専用施設での受験がおすすめです。

  • ☆Webテストの対策はいつごろから行うべき?

    一般常識だけではなく言語や数学に関わる問題など、さまざまな形式で出題されるWebテスト。
    Webテストはさまざまな観点から対策ができることが分かりました。

    しかし、Webテストの対策はいつ頃から開始するのが良いのでしょうか。
    アンケートをとってみました。


    ☆☆皆さんはいつから対策を初めているの?リアルな声を調査
    ・大学3年の秋ごろだったと思います。初めてSPIを受けたときに、全く対策をしていなかったので、全然解くことができませんでした。これではいけないと思い、それから勉強をし始めました。(20代/女性/正社員)
    ・就活を始めると時間がなくなるので、時間に余裕のある就活解禁前に行っておきました。(30代/女性/個人事業主・フリーランス)
    ・実際に受けてみなければ分からないと思い、1回目のテストは何も対策せずに行った。するとやはり難しいことが判明したのに加え、だいたいの内容を把握したのでそこから対策をはじめた。(20代/女性/派遣社員)
    ・どんな試験問題が出るか分からなかったので、就活すると同時に半年くらい前から始めた(30代/女性/正社員)
    ・エントリーするためにも色々記入しなければいけないので、あまりテストの勉強だけに時間をかけてはいけないと思い、エントリーをすると同時にインターネットでどのようなテストなのかまず調べてから本屋で本を購入して練習問題を解きました。(20代/女性/パート・アルバイト)

    【質問】
    Webテストの対策はいつごろから行いましたか?
    【回答結果】
    フリー回答
    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】0 - 20 20 - 29 30 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年11月17日~2017年11月24日
    有効回答数:98サンプル

    今回のアンケートから、Webテストの対策を始めるタイミングには個人差があることが分かりました。
    早い方では就活が始まる前の期間から対策を始める方もいるようです。

    しかし、皆さん対策に力を入れるのは2週間~受験前日程度までと短期集中型で対策をされている方が多いようですね。

  • ☆採用試験への切符を掴むために!Webテストの対策について考えよう

    採用試験の切符を掴むためには、Webテストをクリアする必要があります。
    しかし、パソコンの操作や問題の形式に慣れていない場合は不利といえます。

    Webテストに合格をするためには、「パソコンや出題形式に慣れておくこと」が大切です。
    受験をする際にはネットの接続状態だけではなくパソコンの容量などにも注意しておきましょう。

    容量があまりない状態で受験をしてしまうとフリーズするケースもあります。