• #就活 #髪型

  • 就活女子必見!採用担当者にウケる髪型とは

    就活を成功させるためには「見た目」も重要です。
    人の第一印象はその大部分が外見で決まるといわれています。

    社会人としてふさわしい身だしなみができているのとそうでないのとでは面接官に与える影響もかなり変わりそうですよね。
    この身だしなみには、ヘアスタイルも含まれます。

    髪の色や髪型が「就活生らしくない」と思われた場合、社会常識がないと判断されるリスクも。
    そこで、就活女子にふさわしい、好感度抜群の髪型を作るために知っておきたい基礎知識を紹介します。

  • ☆ショートヘアでアクティブに!デキる女を演出

    男性は短髪が基本といわれる就活ヘアスタイルですが、女性の場合はもう少し選べる幅が広がります。
    ロングヘアでももちろん構いませんし、ショートヘアにするのもOKです。

    女性のショートヘアには健康的、アクティブといったイメージがあり、似合う人であれば面接官に好印象を与えられるはずです。
    バリバリと働けそうなイメージもあり、パンツスーツと合わせることで仕事のできるキャリアウーマン風の雰囲気を演出できます。

    それでは、ショートヘアの場合、具体的にどのような髪型が良いのでしょうか。
    就活ではシンプルで清潔感のある髪型が好まれるので、ワックスで毛を逆立てたりパーマをかけたりするのはNGです。

    個性的な髪型、派手な印象になる髪型は基本的には避けたほうがよいでしょう。
    数あるショートヘアのなかでもナチュラルなショートカットやストレートのショートボブがおすすめです。

    サイドの髪は耳にかけ、しっかりとあごや耳を見せるようにするとさわやかな印象になります。
    前髪は眉にかからないくらいの長さで切るか、サイドに流してスプレーなどで固めます。

    もしピンを使うときは黒の目立たないデザインのものを使い、表から見えないようにして留めましょう。

  • ☆ロングヘア派女子にはまとめ髪がおすすめ

    肩にかからないくらいのミディアムまでならダウンスタイルでもよいのですが、セミロング~ロングの女子にはずばりまとめ髪がおすすめです。
    まとめ髪はダウンスタイルよりもきちんと感があり、就活向きの髪型です。

    金融、保険などの堅い業界、サービスなどマナー重視の業界でも好印象を狙えます。

    ロングヘア派の女子が就活でまとめ髪スタイルを取り入れるのであれば、シニョンやポニーテール、ハーフアップといった派手すぎない髪型を選ぶのがベターです。
    同じまとめ髪でも、成人式や結婚式のようなパーティー向けの髪型と社会人としてふさわしい髪型は異なります。

    就活の髪型には清潔感、フォーマル感が感じられるのであれば、おしゃれさなどはあまり求められていません。
    凝ったヘアアレンジにしてしまうと毎朝セットするのも大変になってしまいますので、短時間でセットできるシンプルなまとめ髪スタイルが望ましいです。

    まとめ髪にはピンやシュシュ、バレッタといったヘアアクセサリーが必需品ですが、就活時に関してはラインストーンやラメの入ったキラキラのもの、カラフルな色物は避けたほうがよいでしょう。
    黒など髪に同化してくれるカラーで、小ぶりなものが望ましいです。

  • ☆髪型だけでは不十分?就活では髪の色も重要

    ここまで髪型に関する話題を中心に述べましたが、髪型と同じくらい大切なのが髪の色です。
    学生時代は好きなように髪をカラーリングして楽しんでいた人もいるでしょう。

    しかし、就活の面接はフォーマルな場なので、明るすぎる茶髪や派手なカラーのまま赴いてしまうと会場で浮いてしまいがちです。
    髪型同様髪の色にも社会人としてふさわしい落ち着きが求められているのです。

    就活するのであれば髪の色はやはり黒、厳密に言えば「地毛」の色にしておくのが望ましいと言えます。
    学生時代に髪を染めたことがある人は、会社説明会などが始まる前に髪を黒く染め直しておきましょう。

    もっとも業界によってはカラーが許される場合もあります。
    アパレルやITなど服装規定がゆるいといわれる業界ではこうした傾向があるようです。

    ただし、それでもダークブラウンなど地毛に近い暗めのカラーにしておくのが常識であり、明るい茶髪などは避けたほうがよいでしょう。

    銀行や金融のような堅い業界については、黒オンリーということもあるようです。
    ただし、純粋日本人(アジア人)であっても地毛がすでにダークブラウン系という人もいますよね。
    そういう人については、わざわざ黒く染める必要はありません。

    また、明るい髪を暗く染め直すという人についても、どんな感じで染めるのかは人によって変わってきます。
    できれば美容院に行き、美容師と相談しながら染めることをおすすめします。

  • ☆就活でパーマを使った髪型はNG?それ本当?

    就活では原則パーマはかけず、ストレートにするのが望ましいといわれています。
    ただし、絶対にストレートではないとダメというわけではありません。

    それだと天然パーマやくせ毛の人が就活で不利になってしまいます。
    くせ毛・天然パーマにも見えそうな、ナチュラルなウェーブのかかった髪型なら許される場合もあるようです。

    特にロングヘアの人は、髪をしっかりとまとめればパーマが目立ちづらくなります。
    パーマをかけていても清潔感があり、きちんとした髪型をしていればマイナスに見られることは少ないでしょう。

    もっとも、巻き髪やドレッドヘアのようなキツめのパーマは避けるべきです。
    また、髪の毛全体にボリュームを出すようなパーマについても、ボサボサ頭と見なされるリスクがあります。

    こうしたゆるふわパーマや無造作パーマ(ウェーブ)も就活中は避けたほうが無難かもしれません。

    パーマの扱いについては、業界によっても差があるといわれています。
    金融や保険など服装規定が厳しいといわれる業界では、パーマをかけている就活生はあまり見ないという話もある一方で、出版やITなど服装規定がゆるいといわれる業界については、パーマをかけていてもうるさく言われないようです。

    実際のところは会社によるとしかいいようがないので、応募企業に勤めている先輩に話を聞いてみることをおすすめします。

  • ☆業界別!就活で印象の良いおすすめの髪型とは?

    就活時の髪型を考えるときは自分の受ける業界別に合わせることも重要です。
    先程少し触れたように、服装規定の厳しさについては業界によって違いがあります。

    服装規定が厳しい業界の例としては、顧客からの信頼獲得を第一に考える金融、保険、清潔感が求められる飲食や医療、マナー重視のサービス、百貨店などが挙げられます。
    これらの業界を受けるときは黒髪(地毛)にし、パーマも避けたほうがよいかもしれません。

    業界別に見ると、アパレル、出版、マスコミ、ITなどは服装規定が比較的ゆるい業界として知られています。
    カラーやパーマについても、ある程度大目に見てもらえるでしょう。

    ただし、それでも明るい茶髪や金髪、きつめのパーマ、派手すぎる髪型は避けたほうが無難です。
    清潔感とさわやかさを大切にし、社会人としてふさわしい髪型をするように心がけましょう。

    就活では、人によっては複数の志望業界があるという人もいるでしょう。
    その場合は、最も服装規定の厳しい業界に合わせて髪型や髪の色を決めることをおすすめします。

    業界によって許容されるヘアスタイルには確かに差がありますが、少なくとも黒髪ストレートにしておけば間違いはありません。
    服装規定がよくわからないという場合は、とりあえず黒髪ストレートにするとよいかもしれませんね。

  • ☆就活経験者に聞く!髪型はどんな点に注意した?

    それでは、実際みなさんの先輩方は就活時の髪型を考えるときにどのようなことに気をつけたのでしょうか。
    全国の元就活女子を対象にアンケート調査を実施しました。


    ☆☆清潔感を大切にしたという人は多いよう
    ・ほつれやすい、まとまりづらい髪なので、おくれ毛を出さないようアップにするのに苦労しました。(35歳/女性/正社員)
    ・顔に掛からないように後ろでまとめるようにした(30歳/女性/正社員)
    ・清潔感を意識しました。普段は前髪をおろしたほうが好きですが、就活の際は分けて少しおでこを出し、無難にハーフアップか低めのひとつ結びにしました。(31歳/女性/パート・アルバイト)
    ・前髪が目にかからないように、しっかりと結んだ。(30歳/個人事業主・フリーランス)
    ・清潔感が出るよう、前髪は目にはかからない長さにし、後ろ髪をまとめる際は丁寧にまとめました。(25歳/女性/正社員)

    【質問】
    就活の際の髪型はどのような点に注意しましたか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】0 - 20 20 - 29 30 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年09月08日~2017年09月15日
    有効回答数:229サンプル

    清潔感を重視したという声が多く寄せられました。
    また、黒髪(地毛)にする、派手な髪型にしないといったことにも気をつけているようですね。
    就活時における髪型のルールをきっちり守っている人が圧倒的多数であるようです。

  • ☆髪型で目指そう!好印象女子

    先輩方の経験からは「清潔感を大切にする」など、相手に与える印象に気をつけて本番のヘアスタイルを決めている様子がうかがえます。
    就活時のヘアスタイルについては、清潔感、フレッシュさ、きちんと感の3点が重要といわれており、これらを守ればほぼ確実に面接官に好印象を与えられます。

    実際この3点に気をつけて就活を行っている人も多いようです。
    自分に似合う就活ヘアを見つけて、好感度の高い女子を目指していきたいですね。