• #仕事 #やりがい

  • 思考法を変えてみよう!仕事のやりがいの見つけ方

    給料をもらっている以上、仕事をきちんとこなすのは社会人の基本です。
    しかしやりがいを感じられないと、長時間労働はただの苦痛でしかありません。

    仕事のためだと割り切っても、疲労が溜まったり体調が悪くなったりすると気持ちも弱くなります。
    仕事を長く続けるためには、仕事にやりがいを見いだすのがポイントです。

    そこで今回は、どうすれば仕事にやりがいを感じるようになるのか、やりがいの見つけ方について解説していきます。
    今の仕事に不満がある人、これから仕事を見つける人は必読です。

  • ☆仕事のやりがいを見失ってしまうことはある?
    100名の社会人女性を対象に、仕事のやりがいを見失ってしまう瞬間について聞いてみました。


    ☆☆仕事でのがんばりが認められないのは辛い…
    ・毎日同じことの繰り返しで、気がついたらあっという間に月日が経っていた、それなのに何も進歩がなく、結果もついて来ないときに特にやりがいを見失ってしまうと感じます。(30代/正社員)
    ・仕事内容自体は好きでも、がんばりが給与に反映されないとやる気がなくなってしまいます。
    報われないなぁと思いながら働く感じになり、毎日会社に行くのが辛いです。(30代/パート・アルバイト)
    ・日々の仕事で精一杯でやりがいどころではなくなる。(20代/パート・アルバイト)
    ・お客様からの理不尽なクレーム、およそビジネスにふさわしくないような汚い言葉で罵られたとき。(40代/個人事業主・フリーランス)
    ・特に資格が必要ない仕事をしていて、落ち込んだときに「これって誰でもできることだし…」と思ってしまう。(20代/正社員)

    【質問】
    仕事のやりがいを見失ってしまうことはありますか?

    【回答結果】
    フリー回答

    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年10月25日~2017年11月01日
    有効回答数:100サンプル

    どんなにがんばって仕事をしても、理不尽な評価にさらされると悲しい気持ちになるもの。
    見合った評価をされないと、やりがいや自信を失ってしまう人は多くいるようです。

  • ☆やりがいのある仕事とはなんだろう

    やりがいの内容はその人によってさまざまですが、やりがいを感じる要素には共通点があります。
    まずは、楽しいと思える仕事。

    仕事の中には毎日同じような作業が続くと、楽しさが見いだせずにやりがいを失うケースがあります。
    逆に、仕事内容が変化に富んでいるとマンネリ化も防げます。

    次にやりがいを感じる要素として、人の役に立つ仕事が挙げられます。
    例えば医療関係の仕事や介護職は非常に責任が重く、日々さまざまな人たちと接するので、大きなストレスがかかります。

    それだけに、患者さんから「ありがとう」と感謝されると、人の役に立っている喜びを実感するそうです。
    また、家族を支えられるだけの収入がある仕事もやりがいにつながります。

    収入が多ければ家計に余裕が生まれますし、家族に感謝されることもあるでしょう。
    休日に買い物をしたりおいしいものを食べたりと、自分自身にご褒美も与えられます。

    やりがいを感じる仕事に共通しているのは、そこに喜びがあるかどうかです。
    毎日仕事が楽しい、がんばった仕事が評価されてうれしい、たくさん給料がもらえて生活が潤うなど、仕事の結果としてどのような喜びを得ているのかがポイントです。

  • ☆仕事にやりがいを見つける思考法

    仕事における自分の喜びは何なのかを理解することが、やりがいの上手な見つけ方です。
    仕事で喜びを得やすいのは、得意分野に携わっているときです。

    得意と言っても、そう難しく考える必要はありません。
    他人にはわからないような小さなことでも、何かひとつ自分の得意なことを探してみてください。

    例えば人間観察が得意なら、職場の人たちを観察してみましょう。
    毎日見ていると、それぞれの行動パターンが見えてきます。

    行動パターンがわかれば、相手が困っているときにいち早く気づき、サポートすることができます。
    このように得意分野を軸にして、仕事を通してどのようになりたいのか、自分なりの目標を立ててみましょう。

    あまりに大きすぎる目標をドンと立ててしまうと、ゴールが見えずにかえってモチベーションが下がるおそれがあります。
    まず大きな目標をひとつ作ったら、その目標に到達するために、毎日どのように仕事に取り組むべきかを細分化していきます。

    小さな目標をタスクとして毎日の仕事に組み込み、地道にこなしていきましょう。
    そうして小さな成功体験を毎日積み重ねていくことで、物事をポジティブに捉えられるようになり、やがて仕事のやりがいにつながっていくでしょう。

  • ☆やりがいを見つけられなくて辛い… 転職を考えてみる

    仕事におけるやりがいの見つけ方として、転職という道もあります。
    しかし転職をする前に、今の仕事には本当にやりがいがないのかを必ず考えるようにしてください。

    やりがいが見つからない理由は、もしかしたら自分の仕事の進め方や考え方にあるかもしれません。
    自分に原因があるのに変わらなければ、転職をしてもやりがいを見いだすことは難しいでしょう。

    まずは自分の仕事の進め方から見つめ直すことをおすすめします。
    なお転職するにしても、自分が何に対してやりがいを感じるのか知っておくのは必要です。

    面接の際に自分をアピールする材料にもなるので、転職を決めた場合もやりがいについてじっくり考えてみましょう。
    もし転職先の見つけ方に迷う場合には、やりがいを感じられそうかどうかをさまざまな面から考えてみましょう。

    迷ったら親しい人に意見を求めるのもおすすめです。
    自分で考えるより、客観的な視点からアドバイスをもらえます。

    未経験でも挑戦してみたい仕事があれば、視野に入れてみてもいいでしょう。
    年齢や職種にもよりますが、やる気さえあれば未経験でもOKという企業はあります。

    また、転職エージェントに登録するのもおすすめです。
    プロならではの有意義なアドバイスがもらえるでしょう。

  • ☆まずは意識的に!やりがいに目を向けてみる

    最初からやりたいことがわかっていて、その仕事に邁進できればいいですが、誰しもそのようにうまくいくわけではありません。
    好きなことが見つからない、やりがいの見つけ方がわからないと悩む人はたくさんいます。

    まずは意識的に、仕事のやりがいへ目を向けてみましょう。
    じっくりと自己分析を重ねることで、どうすればやりがいを感じられるようになるかが見えてきます。

    ぜひ仕事のやりがいを見つけて、充実した人生を送りましょう。