• #メイク #就活

  • 本当に大丈夫?就活で自分の魅力を最大限引き出す正しいメイク方法とは

    企業の採用面接を受ける際にはさまざまな準備が必要です。
    自身が提出した履歴書の内容に目を通したり、企業のパンフレットに目を通したりなど面接本番に向けてしっかりと備える方も多いのではないでしょうか。

    しかし、本番当日の身だしなみに問題がある場合は努力も水の泡になってしまいます。
    特に女性の場合はメイクアップにも気をつけたいところです。

    今回は、自分の魅力を最大限に引き出す就活メイクの方法についてまとめてみました。

  • ☆就活メイクで気をつけるポイントとは?

    普段の生活の中で何気なくしている「メイク」。
    就活中は面接官の立場に立って、メイクが就活の場に相応しいのかどうかを考えることが大切です。

    皆さんが就活メイクの中で気をつけていたポイントとはどのようなことなのでしょうか。
    先輩方にアンケートをとりました。


    ☆☆ここに気をつけた!就活メイクのポイントとは
    ・ナチュラルメイクを意識した。アイメイクは優しいブラウンのアイシャドウのみで、血色をよく見せるためチークは欠かさなかったが、それも薄くふんわりと。(30代/女性/専業主婦)
    ・私が気を付けたポイントはアイメイクです。元々化粧は苦手であまりしないのですが、不馴れなせいでアイメイクをすると濃いメイクになってしまいました。濃い化粧は良い印象がないので、なるべくナチュラルに、を意識しながらメイクをしました。(20代/女性/専業主婦)
    ・私は少し青白く顔色が悪くみえる質なので明るめにみえるファンデと元気にみえるオレンジ系のチークと口紅などをつけていました。普段からナチュラルメイクを心掛けているので普段とあまり変わったことはしていません。(30代/女性/パート・アルバイト)
    ・元々あまりメイクをしなかったので、就活用メイク講座に参加しました。そこで言われた通りのメイクをしていました。(20代/女性/無職)
    ・あまり濃くなって写真と顔が変わらないようにしました。(20代/女性/無職)
    ・ナチュラルメイクで派手すぎず、逆に薄すぎてすっぴんのようにならないように気をつけた。
    眉毛もキレイに見えるように多少の手入れもした。(30代/女性/派遣社員)

    【質問】
    就活時のメイクであなたが気を付けた、意識したポイントはありますか?
    【回答結果】
    フリー回答
    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】20 - 29 30 - 39
    調査期間:2017年11月17日~2017年11月24日
    有効回答数:100サンプル

    アンケートの結果、就活メイクをする際には多くの女性がアイメイクやメイクアップアイテムの色選びに注意していることが分かりました。
    普段からメイクをしない人の中には、就活時のメイクが難しいと感じる方もいるようです。

    やり方が分からない人は、就活用メイク講座などに参加して面接に備える方もいます。

  • ☆ベースメイクはナチュラルが鉄則!

    体のパーツの中でも疲れがでやすい部分として挙げられるのが「肌」です。
    肌は、内臓や心の状態を映す鏡ともいわれています。

    体が疲れていると目の下にクマができたり吹き出物ができたりと何かと肌トラブルに繋がりやすいです。
    就活メイクでは、肌のトラブルを隠すことがポイントになります。

    しかし、ファンデーションを圧塗りしてしまうと「化粧が濃い」と判断されてしまうケースもあるため注意が必要です。
    ファンデーションを厚塗りせずにベースを整えるためには、化粧下地やコンシーラーなどのメイクアップアイテムを使用すると良いでしょう。

    化粧下地は、クマやくすみなどを隠し顔色を均一に整える働きがあります。
    ファンデーションの密着率を高める製品などもあり、化粧持ちを良くすることにも効果的です。

    吹き出物やシミなどの目立ちやすい肌トラブルは、ポイントでコンシーラーを使用するのが良いでしょう。
    肌全体にファンデーションを塗らなければ、メイクが濃い印象にはなりません。

    ベースメイクの方法は、まず化粧下地で肌の色を整えます。
    その後、コンシーラーを使用し最後にファンデーションを馴染ませます。

    就活メイクを上手にするためには、「肌の状態を整えておく」ことも重要なポイントです。
    メイクのりを良くするために自らの肌質に合わせたスキンケアを行い、肌の状態を整えておくと良いでしょう。

  • ☆目元は印象を大きく左右する重要ポイント

    就活メイクの中でもポイントになるのが「アイメイク」です。
    目元は人の印象を大きく左右します。

    アイメイクに使用するアイテムは、「ナチュラルメイクに適したもの」を選ぶことが大切です。
    まず、アイシャドウを選ぶ際には派手なラメが入っていたりカラーが奇抜だったりする製品は使用しないようにしましょう。

    キラキラと輝くアイメイクは、派手な印象を人に与えてしまいます。
    色合いはブラウンなどの落ち着いたカラーを選ぶのが良いでしょう。

    しかし、販売職やファッションに携わるなどの職種によってはパープルやブルーなどのアイシャドウが良いとされる場合もあります。
    メイクの中でも重要なパーツとして挙げられるのが「眉毛」です。

    眉毛をきちんと整えておくだけで、顔立ちがはっきりとあか抜けて見えます。
    眉毛を書く際には、眉尻をペンシルで書いた後パウダーですき間を埋めるのが良いでしょう。

    また、眉毛と髪色が異なる場合はアンバランスな印象を人に与えてしまうケースもあります。
    眉毛の色と髪色が違う場合は、眉マスカラなどを使用し色味を統一させます。

  • ☆リップとチークはやり方次第で印象大幅アップ!

    メイクアップの中でもアイテムの選び方や付け方が難しいのがチークとリップです。
    付ける色合いが濃かったり付け方が間違っていたりすると派手な印象や個性的な印象を与えやすくなります。

    リップとチークを選ぶ際のポイントは、「自分の肌の色や髪色に合った製品を選ぶこと」です。
    例えば、小麦色の肌をした人が青みがかった色のチークやリップを付けてしまうと個性的な印象を人に与えてしまいます。

    小麦色の肌をした人は、ブラウンオレンジ系の色合いがおすすめです。
    肌なじみがよく、明るい印象を人に与えます。

    一方、肌が白く青みがかっている場合、ベージュのリップとチークは避けた方が良いです。
    顔色が悪くなり、元気がない印象を人に与えます。
    肌が白く青みがかっている方はスモーキーピンクなど色付きが良いものを選ぶのが良いでしょう。

    チークとリップは塗り方によっても印象が変わりやすいです。
    リップを塗る際には、リップペンシルを使って唇の輪郭をはっきりさせておきましょう。

    内側から外側に向けてリップブラシを進めるときれいに塗りやすいです。
    チークは頬の一番高い部分に塗り、しっかりとぼかすとナチュラルな印象に仕上がります。

  • ☆就活メイクで好印象を狙う!ポイントを押さえておこう

    ナチュラルに表情を明るく見せる「就活メイク」は、メイクの方法が難しいと感じる方もいます。
    普段メイクをしない方ほどメイクが難しいと感じるのではないでしょうか。

    就活メイクに大切なのは「清潔感」です。
    就活メイクが決まっていれば面接官への自己アピールをする際にも自信が持ちやすくなります。

    女性らしく上品に見えるように、メイクのやり方や色選びのポイントを押えておきましょう。