• #自己分析 #就職活動

  • 自分を知ることが大事!就職活動で役に立つ自己分析の方法

    就職活動を成功させるためには「自己分析が大切」とよく言われますよね。
    自己分析で自分の性格や得意・不得意を知ることと就職活動にはどのような関係があるのでしょうか。

    このコラムでは、就職活動における自己分析の重要性、および自己分析をするうえで知っておきたい注意ポイントについて解説します。

  • ☆大切だとは聞くけど… 自己分析はなぜ必要?

    就職活動はいわば企業と学生のお見合いのようなものです。
    企業側は選考活動を通して、応募者の人柄や将来性といったポイントをチェックして「一緒に働いていきたい」と思えるような人材を採用します。

    したがって学生としては志望動機や自己PRを通して「自分がどんな人間なのか」ということを企業側に売り込むことになるのです。
    自分自身のことを理解できていない状態では、こうした作業をするのが難しくなります。

    そもそもどんな企業が自分のことを評価してくれそうなのか、よくわからないまま就職活動を始めることになってしまう可能性もあるでしょう。

    自己分析には自分の適性や興味範囲、価値観を明確にし、自分に合いそうな企業を絞り込むのに役立てるという目的があります。
    共感できる企業を見つけられれば、自己PRや志望動機が自然と明確になりますし、これらを通して企業側に自分の熱意も伝わりやすくなります。

    結果的に書類選考や面接で落とされるリスクが少なくなるのです。

  • ☆自己分析のやり方は?

    自己分析をするときは、頭の中を整理し、また分析結果を後で見直せるようにノートを用意して作業を開始するのがセオリーです。
    まずは自分の過去の行動を振り返り、自分史を作成します。

    打ち込んだこと、がんばったことなど過去にあった出来事を書き出していきましょう。
    重要なのは、出来事を書き出すだけではなく、行動のきっかけやそれにまつわるエピソードもメモしていくことです。

    過去の行動を掘り下げていくことで、これまで気が付かなかったような自分の長所に気がつけるかもしれません。
    また、それとは別に、自分の長所・短所、行動パターン、クセなども書き出していきます。

    自分1人で考えるだけではなく、友達や家族に聞いてみるのもよいでしょう。より客観的な意見が聞けるはずです。
    自分の性格や興味範囲、価値観などについて考察していくうちに、だんだんと自分の強みやPRポイントがわかってきますよ。

  • ☆就活での自己分析って本当に役に立つ?
    実際、就職活動において自己分析はどれくらい役に立つものなのでしょうか。現在社会人として活躍する先輩100人に訊いてみました。

    【質問】
    就活の中で、自己分析が役に立ったと思ったことはありますか?

    【回答数】
    ある:55
    ない:44

    調査地域:全国
    調査対象:【年齢】20 - 39 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
    調査期間:2017年05月23日~2017年05月30日
    有効回答数:100サンプル

    ★時間をかけて上手にできれば役に立つ
    調査の結果、役に立ったと考えている人が55人、そうでない人が44人と、役に立ったと答えた人のほうがやや多いという結果になりました。

    ・自分がどういう思考回路をしているのかに気づくことができたので、結果うんぬんより自分を見つめ直すきっかけになった。(27歳/女性/派遣社員)
    ・自分から見たのと周りから見た自分は全く違うという事が理解できたからです。(34歳/女性/パート・アルバイト)
    ・自分の価値観と、会社のやり方をすり合わせる際に自分が何を重視して働くかが明確になっていると絞りやすかったし、エントリーシートや面接でも文章を組み立てやすかったから。(25歳/女性/正社員)

    自分の適性がわかった、企業の絞り込みやエントリーシート作成などに役立ったなど、自己分析のメリットは無視できないものがありそうです。一方、役に立たなかったと回答した人についてはどうでしょうか。

    ・自己分析をする余裕もなく、面接に望んでしまったから。(30歳/女性/個人事業主・フリーランス)
    ・自己分析してみたものの、向いている仕事なんて実際に始めてみなければわからない。自己分析が何に役立っているのか、よくわからない。もっと自己分析というもの自体を理解してから行えばよかったと思う。(29歳/女性/正社員)

    自己分析をやる時間がなかった、やってはみたもののやり方を間違えた気がするなどの声が寄せられています。

    自己分析はたしかに役に立ちますが、上手に活かせるかどうかはその人次第と言えるかもしれません。じっくりと正確に自己分析を行うことを心がけ、その結果を今後の業界研究・企業研究に賢く活かしていきましょう。

  • ☆自己分析したら実際の就職活動でどう活かす?

    自己分析をすることは、その後の就職活動において大きな意味を持つ作業です。
    たとえば、業界研究・企業研究では各業界・各企業の仕事内容をチェックし、自分に合いそうな企業を探していきます。

    しかし、そもそも自分の適性や興味範囲を知らなければ、どの企業にエントリーするべきかわかりません。
    だからこそ自己分析は志望企業を見つけるのに役立つのです。

    また、自己PRや志望動機、キャリアプランの作成にも自己分析の結果は直結します。
    企業の面接では自己PRや志望動機はもちろんのこと、将来のキャリアプランも問われます。

    自己PRや志望動機では、学生時代にがんばったことや入社への意欲などをアピールすることになります。
    しかし、それだけではその他の大勢の学生と差をつけることができません。

    学生時代の実績や長所から就職後のキャリアプランや自分が企業にどう貢献できるかどうかを具体的に考えることで、初めて自分の熱意を採用側に伝えることができるようになるのです。

  • ☆きちんとできている?自己分析の注意ポイント

    自己分析をするときは冷静な視点を忘れないようにしましょう。
    自分の短所や欠点からも目をそらさず、向き合う姿勢が大切です。

    世の中に欠点がない人間はいません。
    大切なのは自分の短所や欠点とどのように付き合うかなのです。

    自分の短所・欠点とそれを克服する過程をセットで語れれば、ただ長所を述べるよりも強力な自己アピールになることもあります。
    人としての誠実さ、困難に負けない粘り強さが伝わるからです。

    過去の失敗経験ばかりを思い出し、自分にコンプレックスを感じてしまう人もいるかもしれません。
    しかし、過去の失敗から学ぶ姿勢を持てばそこに道は拓けます。

    長い時間がかかったとしても、焦らず誠実に自分と向き合うことが大切です。
    自分を過小評価するのもよくありませんが、自分をよく見せようと思って本当の自分を偽るのもあまり賢明な方法とは言えません。

    自分に対して誠実かどうかは面接官にも伝わります。
    自己分析には正直さが不可欠なのです。

  • ☆まとめ

    自分にどんな仕事が向いているのかを知るためにも、自己分析は欠かせない作業です。
    自分の適性や価値観、興味範囲を知ることで、将来やりたい仕事や就職後のキャリアプランが見えてきます。

    自己分析の結果は、各業界・各企業と自分との相性を見極めるための前提知識にもなります。
    就職活動を始めた段階ですぐに取り組みましょう。