• #就活 #Webテスト #落ちる

  • Webテストで落ちるのはなぜ…?就活でつまずいたときに必見の原因とポイント3つ

    ほとんどの就活生が一度は受験するといっても過言ではない「Webテスト」。
    企業採用テストに合格するために立ちはだかる第一条件ともいえます。

    しかし中にはWebテストで落ちてしまい、「採用試験に進めない…」と悩んでしまう方もいます。
    Webテストに受からないと挫折をしてしまう方も多いようです。

    そこで今回は、Webテストに受からない理由とつまずいたときに見直すべきポイントについてまとめました。

  • ☆先輩もつまずいた?Webテストの実態とは…

    一般的にWebテストの内容は中学校3年生の学力が備わっていれば解答できる問題が多いとされています。
    難易度は高くないように感じやすいWebテストですが、実際に受験された方はどの部分につまずいてしまったのでしょうか。

    アンケートをとってみました。


    【質問】
    就活時、Webテストがうまくいかずに苦戦した経験はありますか?
    【回答結果】
    ない : 56
    ある : 44
    調査地域:全国
    調査対象:【性別】女性 【年齢】0 - 20 20 - 29 30 - 39
    調査期間:2017年11月17日~2017年11月24日
    有効回答数:100サンプル

    ☆☆ないと答えた方が僅差で多い!
    アンケートの結果、「Webテストでつまずいたことがある」と答えた方はないと答えた方よりも少ないことが分かりました。
    それでは、得票数が多かった「ない」と答えた方の意見からご紹介しましょう。


    ・事前に準備していたからです。(30代/女性/パート・アルバイト)
    ・2週間前からテキストを購入して、解けないところは何度も読み返したため。(20代/女性/正社員)

    「ない」と答えた方の中には、テストを受ける前に準備をしていたと答える方が多いことが分かりました。
    皆さん、受験に向けてしっかり対策をされていたようです。

    一方で、「Webテストを受けたことがない」と回答した方も多数いました。

    次に、「ある」と回答した方の意見をご紹介します。


    ・SPIの非言語分野で、どうしても解けない問題があったので悩みました。結局それは謎のままです。(20代/女性/専業主婦)
    ・結論から言うと、Webテストで出てきた性格・適正と、私が出来る事がズレていたところです。Webテストでは、研究職・技術者・管理者に向いていると出てしまい会社独自のテストに合格出来なかったり、『興味が沸いた事に対する集中力が凄い』と出たときに興味がない仕事はやらないと判断されて落とされたりしました。(30代/女性/パート・アルバイト)

    「ある」と回答した方は、能力テストにつまずいてしまった方と性格診断につまずいてしまった方がいました。
    能力に関する問題でいうと、「理数系の問題が分かりづらい」などと感じる方もいるようです。

    性格診断では、自分が持っている性格や能力と実際の仕事の内容がミスマッチしてしまうケースもあるようです。


    アンケートの結果、Webテストにつまずいたことがある方は100人中44人いることが分かりました。
    これは決して少ない数字ではありません。

    それでは、Webテストにつまずいてしまう原因はどこにあるのでしょうか。

  • ☆Webテストで落ちるのは準備不足かも

    Webテストに落ちる大きな原因として挙げられるのが「準備不足」です。
    一口にWebテストといってもその種類にはさまざまなものがあります。

    具体的な例を挙げると、SPIや玉手箱、GABやCABなどです。
    これらのテストは全て入社前に応募者の仕事の適正を見極めるためのものになりますが、出題される問題の傾向などが異なります。

    例えば、SPIの場合は能力の適正と性格の適性を測る2段構成となっています。
    一方、玉手箱の場合はこれらの能力や性格の適性以外にも英語力を測る内容も含まれます。

    つまり玉手箱を導入しているテストでは、言語や簡単な計算問題以外にも、英語の対策なども行わなくてはなりません。
    Webテストの種類や傾向を知り、対策を練ることがWebテストを通過する最大のポイントといえるでしょう。

    また、Webテストに落ちてしまうもう1つの原因として「問題に対する時間配分ができていない」ことが挙げられます。
    Webテストの問題数は、100問程度と多いことが特徴です。

    1つ1つの問題に時間をかけてしまっては、最後まで回答できません。
    しかしWebテストは問題の形式に慣れてしまえば、回答に困らずにさくさく解くことができるようになります。

    ネット上の体験問題やテキストを使用し、Webテストの出題形式に慣れておきましょう。

  • ☆適性検査で落ちる!?その理由とは

    Webテストに合格するコツを分野ごとに解説していきましょう。
    Webテストに含まれている内容として多いのが性格診断です。

    性格診断とは、自身が持っている性格の長所や短所が応募する仕事に向いているのか否かを判断するためにあります。
    結論からいうとWebテストの性格診断に対し、対策を練るのは難しいといえるでしょう。

    なぜなら、「性格診断で回答した内容と実際の性格が異なっていると仕事を始めたときに矛盾が生じやすい」ためです。
    応募者が「社交的である」と回答していたのにもかかわらず社交性に欠ける性格であった場合を例に挙げましょう。

    社交的であるという回答から営業部に配属された場合、実際の仕事で良い結果を残すことは難しい場合もあります。
    また、性格診断内で本来の自分の性格と違う回答をしてしまうとテストの回答内容に矛盾が生じやすいといえます。

    ある回答欄には「社交的である」と答えているにもかかわらず別の回答では「初対面の人と話すことは緊張してしまう」などと回答してしまうケースもあります。
    回答に矛盾が生じることによって、企業側も応募者の人物像を把握しづらくなってしまいます。

    性格診断をパスするポイントは、「企業が求めている人物像を知る」ことが重要なポイントです。
    自身の性格を偽る必要はありませんが、企業が求める人物像を把握したうえで性格が一致している部分を強調するのが良いでしょう。

  • ☆学歴で合否が決まってしまっている可能性も

    Webテストに落ちてしまう大きな理由として挙げられるのが「学歴」です。
    募集欄には「学歴不問」の記載があった場合でも、Webテスト内で学歴を見られることはあります。

    最低この学歴以上はほしいと思われるなど表向きには出ていない基準がある場合もあります。
    また他の応募者の中に企業側が好む大学名があると、優先的に合格させる動きもあります。

    例えば、これが書類選考である場合応募者はどのように感じるでしょう。
    書類選考では、大まかな学歴や資格、写真などでしか応募者と仕事の適性を測ることはできません。

    書類選考で落ちた応募者は、「学歴で落とされたのではないか」と考える方も多いでしょう。
    しかしWebテストで落選をした場合は応募者の受け取り方も異なります。

    Webテストでは学歴以外にも性格診断や基礎能力診断などが行われます。
    たとえ学歴で落選が決まっていたとしても応募者は「自分に適性能力がなかった」と考えるのです。

    企業側も、「就活生の能力が足りなかった」と落選理由を伝えることができます。

  • ☆性格診断は対策が難しい… 解ける問題を完璧にこなそう

    Webテストの中でも、対策が行いやすいのは「能力テスト」です。
    基礎的な言語力や一般常識、簡単な計算問題などが出題されます。

    まずはこれらの問題のミスを減らすことがWebテスト合格への近道といえるでしょう。
    残念ながら性格診断の対策は難しい部分もあります。

    合格するためには、企業が欲している人材に近づくために資格を取得するなど「働くための適正」を身に付けるのも良いでしょう。